すらりと伸びた枝先にふわり波打つブラウンの花。バラ[ジュリア]の栽培実感

  • Pocket
  • LINEで送る
バラ「ジュリア」の開花写真。五感で楽しむ薔薇の専門店ローズフェスタ所有のバラ園内にて、花田昇崇が撮影。

例えば パパメイアン と並んで高級な切り花として扱われているのが本稿で紹介する「ジュリア」です。えも言われぬシックなブラウンの花色とエレガントに波打つ花形が見るものを虜にさせるバラで、このジュリアに魅了される者があとをたちません。

ときに気品のバラは、その裏返しとしての気難しさを往々にして秘めていたりします。ジュリアもまた育てていくうえで気難しさを感じる場面を多々見受ける、そんな品種です。

本稿は気品のバラ「ジュリア」を扱います。花色の魅力から花もちの良し悪し、耐病性、とげの具合、そして育て方のコツなど、 五感で楽しむ薔薇の専門店ローズフェスタ ならではのノウハウを紹介し、ジュリアを育てるポイントを説明します。

 

Sponsored Link

 

ジュリア・品種データ

4基準データ

  • 花色 : ブラウン(茶色)~ミルキーベージュ~ベージュ
  • 芳香 : ★☆☆☆☆☆ (微香)
  • 耐病性 : ★★☆☆☆☆ (うどん粉病&黒星病ともに「弱い」)
  • 樹形 : 木立ち性・ハイブリッドティー。直立.1.3×0.8㎝

※4基準の考え方は バラ初心者の品種の選び方。あなたに最適なバラを探す4基準 を参照ください。

※こちらの記事ではジュリアをはじめとしたハイブリッドティー品種がバラ界においてどのような位置づけであるのか、またその魅力とはどのようなものなのかなどについて説明しています。併せてご覧いただくことでより一層ハイブリッドティー樹形が楽しめるようになります。

⇒ ハイブリッド・ティー(HT)ってなに?|樹形の特徴|モダンローズの誕生にまつわる歴史

 

補足基準データ

  • 花つき : かなり良い
  • 花もち : かなり悪い
  • とげ : 少ない
  • 耐寒性/耐暑性 : 弱い~普通
  • 花径:10cm
  • 樹勢:普通
  • 開花サイクル:四季咲き

 

ジュリアの特徴

バラ「ジュリア」の集合写真。波打つ花びらが美しい。

当店のファームで咲いたジュリアの収穫時

 

木立ち性・ハイブリッドティーローズのジュリアは四季咲き性で、冬季を除く春~秋に繰り返して何度も開花する品種です後述する側蕾(ソクライ)をしっかりと行うことですらりと細く繊細な枝の先に一輪の花を咲かせて切り花として楽しむことができます

女性からの支持が特にあついジュリアの特徴を見ていきましょう。

 

花の魅力

長年の人気品種。バラ「ジュリア(ジュリアスローズ)」の開花写真。五感で楽しむ薔薇の専門店ローズフェスタ所有のバラ園内にて撮影。

ローズフェスタファーム、春の一番花の花色。

 

ジュリアの一番の見どころは何と言ってもこの花色。透けて見えそうな薄い花びらに薄くブラウンがのる洗練されたカラーときにミルキーベージュにも

花びらの外側にゆるやかにかかるウェーブが繊細な花色の美しさを引き立てます

ジュリアの魅力はこの花色に凝縮されているのだと思います

※ジュリアは時期や環境により花色が微妙に異なる品種です。

 

人気品種のバラ「ジュリア(ジュリアスローズ)」の開花写真。五感で楽しむ薔薇の専門店ローズフェスタ所有のバラ園内にて、花田昇崇が撮影。

ジュリア。このような色合いにもなることもある。

 

花もち

花色の美しさが際立つジュリアですが、残念ながら花もちは良くありません。耐病性の弱さ以上に、ジュリア最大の弱点が花もちの悪さです。

気温やその他の環境にも左右されるためあくまでも目安にすぎませんが、早いときには開花から1日と持ちません平均して2~3日程度が目安になります

満開の状態からさほど時間がかからず下の写真のように開きます。花びらをホールドする力が弱いのだと思われます。

 

バラ「ジュリア」の開花終盤の花姿。横に大きく開いて可憐さを微塵も感じさせない花姿になる。

花びらが重力に引っ張られるかのように、くしゃっとなる。

バラ「ジュリア」の開花終盤の花姿。大きく開いて花芯が見えている。

開花終盤は花芯がこのように見えるように。そしてはらはらと舞い散る。

 

開花より数えてこの間わずかに1~3日。美しい花姿を長くとどめてくれないため、枝に咲かせたままだと長く楽しめないのが残念な点です。

なお、切り花にして切り花延命剤を用いたり、室温を下げるなどの低温環境にすることで花もちは伸ばすことができます。

 

花つき

花もちの悪さが残念ですが、他方で花つきはかなり良い部類に入ります

しっかりと生長して根を張っていればという条件つきですが、よく充実したジュリアからは次々とつぼみがあがってきます。四季咲き性が強く次々と咲かせようとするため、うまく育てていれば花もちの悪さは気になりません。

花つきの悪さと花つきの点から、ジュリアをより良く楽しむためにはしっかりと育てることが大切と言えます。

 

香り

開花初期にはティー系のほのかな芳香があります(微香)。しかしかなり弱いため、開花より1日ともたず消え去ります。

香りを楽しむには直接顔を近づけてお楽しみください。切り花で楽しむには適さないでしょう。

ジュリアの育てやすさ

 

耐病性

バラの二大病である「うどん粉病」と「黒星病」へのそれぞれへの強さを端的に「耐病性」と呼びます。

一言で言えば耐病性が弱いです薬剤散布が不可欠となるため、薬剤の知識が必要になるなど初心者が育てるには敷居が高くなりがちです。

「薬剤は絶対に使用したくない」と強く決意されている方とジュリアとの相性はあまり芳しくないかも知れません

 

うどん粉病への耐病性

うどん粉病に弱い品種です定期的に薬剤散布を行わなければ大なり小なりうどん粉病にかかります。枝葉が粉まみれになるだけならまだしも、つぼみも粉まみれになり開花せず、花を見られなくなります。もしくは開花したとしても花数が極端に減ります。

手間暇を多くかけられるという方であれば、うどん粉病は重層や食酢などの特定農薬である程度は防除することが可能です。ただし手間が多くかかるので忙しい方は化学農薬での防除をおススメします。黒星病と併せて対策することができるからです。

いずれにしても放任栽培では悲惨な状態になります。うどん粉病対策に手間暇をかけることが必要です。

 

黒星病への耐病性

黒星病に弱い品種です定期的に薬剤散布を行わなければほぼ確実に黒星病にかかります露地環境では早ければ5月中に、遅くとも梅雨シーズンにはかかっていることでしょう。感染スピードも早く、あっという間に大部分の葉を失うこともまれではありません。

こうなると花を楽しむどころではなくなり、枯死との戦いのステージへと移行してしまいます。樹勢が強くないジュリアは、必ずしも丸裸と栄養失調の状態でも成長していけるほど強くはないのです。

ジュリアをこのような過酷な状態に追いやらぬように、黒星病にかからないように定期的に薬剤散布を行うようにしてください

 

樹勢

普通程度です。病気をものともせず生長するという強さはありません。様子を見つつ適度に管理していく必要があります。

 

とげの具合

ハイブリッドティーローズ「ジュリア」の枝のとげの様子。ジュリアはとげが少なく扱いやすい。五感で楽しむ薔薇の専門店ローズフェスタ所有のビニールハウス内にて、花田昇崇が撮影。

とげの様子。ほぼ見当たらない。

 

ジュリアの枝です。ご覧になる通り、目立ったとげはありません素手で扱っても大丈夫。扱いが容易なのは嬉しいですね。

 

栽培のコツ

ここからはジュリアを育てようとされる方のために私が考える栽培のコツを紹介します。

 

必ず側蕾すること

ハイブリッドティーローズ「ジュリア」の枝先の様子。主たるつぼみを側蕾をしなかった場合には、このようにそれぞれが咲く。どの花も貧弱になる。五感での楽しむ薔薇の専門店ローズフェスタ所有のビニールハウス内で、花田昇崇が撮影。

側蕾しなかった場合のジュリア。この状態になると貧相な花しか咲かない。

 

ジュリアはハイブリッドティーですが、側蕾(ソクライ)がほぼ不可欠の品種です。側蕾しなければ上記の写真のように枝先についたつぼみがランダムに開花し、花のどれもが貧弱に咲きます。写真はどれが主たるつぼみかもわからなくなっており、こうなると哀れなほど貧相な花しか咲きません。

こうならないように、 側蕾(ソクライ)のススメ|ハイブリッドティーは豪華に咲かせて一輪の美を楽しもう を参考にするなどして、なるべく側蕾するようにしましょう

 

開花をコントロールすること

ジュリアは花つきが良く、施肥が適切であれば次々とつぼみがあがってきますただしすべてを咲かせようとして欲張らないようにしましょう

先に説明した側蕾をしっかり行えば開花数は自ずと限られますその限られた開花数からさらに適度につぼみを落としてあげると良いでしょう。

側蕾がきっちりできている前提で、連続開花させずに開花周期をコントロールするということです。

 

芽かきもしっかり

ジュリアの樹勢は普通程度ですが、上記のことを実践できていればわりと多く新芽サイドシュート)がでてきます。そのまま放置していると元々細い枝が分枝により更に細くなり良い花が咲きません。枝を分散させず、主枝をしっかりと作っていくために芽かきもしっかりと行いましょう。

※芽かきについては 芽かきを行う3つの目的|良いバラは良い枝に咲く。枝づくりのために行う春の必須作業 を参考になさってみてください。

 

Sponsored Link

 

適する栽培方法

バラ「ジュリア」の収穫の様子。複数のジュリアが集まっている。

 

地植えが適するか鉢植えでも大丈夫かという問題です。

結論としては地植えがより適していると思われます。鉢植えで花が咲かないわけではありませんが、施肥や水やりの頻度・水量などでジュリア特有の諸々のさじ加減が生じてさらに難易度と手間が増えます。ジュリアは地植えをおススメしておきます

ただし雨に弱いためこのあたりにジュリアのむずかしさがありますつまり、地植えが適するものの黒星病を頻発させてしまうという点。そのため各自でできる工夫が必要になってきます。

もしも可能なら雨よけのための透明ビニールなどが上空にはられていれば申し分ない環境です。しかしそうもいかないでしょうから、降雨のときだけでも雨が当たらないような工夫をされるなどでも良いと思います。かなり面倒な話しですが、これは株が充実する前にはなるべく行ってほしい対策です。

 

その他の注意点

水分をしっかりと吸い上げる速度やパワーが弱いので根を大切にするようにまずはしっかりと根をはらせることを第一に考えてください

木が充実するのにやや時間がかかるので焦らず急がず見守ってあげましょう。充実させることでつぼみを続々とあげてくるようになります。

 

結論:育てやすいか?のまとめ

以上、これまで説明してきた内容を踏まえて育てやすさをまとめておきます。

  • 耐病性が弱いので薬剤散布が不可欠(中級者以上向きの品種)
  • 側蕾と芽かきをしっかり行う
  • あまり花を咲かせすぎない
  • 地植えをして、雨が当たらない努力をする

世間ではジュリアは気難しいバラだと言われることもあるようですが、このあたりに注意することが大切で、これらに意識をしながら育てることでまずまず大丈夫だと思います。

 

あのジュリアのドライフラワー

憧れのバラ「ジュリア」で作ったドライフラワーを撮影した写真。五感で楽しむ薔薇の専門店ローズフェスタのオリジナル商品です。ジュリアのドライフラワーが5輪うつっている写真。花田昇崇が撮影。

 

育てるのが大変なわりに花もちも悪いなんて・・・そんな声が聞こえてきそうなジュリアを長く楽しむ答えがドライフラワーです

ひと時で開ききるジュリアの一瞬の美しさを閉じ込めたドライフラワーは 五感で楽しむ薔薇の専門店ローズフェスタ で販売しています。ご覧いただいてきた当店のファームで収穫したジュリアで生産した安心のドライフラワーです。最も手軽にジュリアを楽しむならこれが一番。ローズフェスタのオリジナル商品です。

⇒ ドライフラワー/バラ・ジュリア・5束/憧れのシックな花をいつまでも…。(販売価格:1,296円)

 

 

本稿のまとめ

さて、いかがだったでしょうか。

少し手のかかる気難しさとあまりにも美しい花姿が気品を感じさせるバラ・ジュリアの花ことばをご存知でしょうか?なんと「努力の人」だそうです。まるで、美は一日にしてならず、見事に咲かせてごらんなさい。とジュリアに言われているようですね。

じっくりとジュリアと向き合って、五感をもってその声なき声に耳を傾けことでいつかジュリアを攻略するその日まで。

本稿が皆様のより良い暮らしに役立てば幸いです。あなたもバラと一緒に暮らす生活を始めませんか?

 

写真・記事の無断掲載・転載を禁止します。

Sentence/All photos:花田昇崇

Copyright © 2016 五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタ All Rights Reserved.

 

Sponsored Link

 

  • Pocket
  • LINEで送る

バラに包まれる暮らしの提案。『五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタ』でバラ体験

数千年の昔から我々を魅了し続けてきたバラは限りない魅力に包まれています。

見てよし、香ってよし、身に纏ってよし。そしてもちろんプレゼントの定番といえばバラ。

バラの楽しみ方はひとつではなく、使い方・楽しみ方はあなた次第です。

当店は“バラを視覚、味覚などの五感で楽しむ”ことをテーマにバラにまつわるアイテムを“厳選して”取り扱っているECショップです。

  • バラを実際に育ててみたい。
  • 手芸素材のバラを探している。
  • 食用バラ(エディブルローズ)に興味がある。
  • お洒落なバラ雑貨を探したい。
  • バラ柄のアイテムを探したい。

etc...

バラ好きのあなたにお届けするバラに包まれた暮らし、「五感で楽しむバラ体験」提案しています。

バラのことなら『五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタ』まで。

お気軽にご訪問ください。

 

 


バラ体験 五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタ ページに移動する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*