「水枯れ!?どうしよう!?」と慌てる前に知っておきたい。水枯れからの鉢バラ回復方法

  • Pocket
  • LINEで送る
鉢バラの水枯れ症状により、本来は直立しているはずの主枝が横に折れ曲がり、まるでお辞儀をしているかのような写真

7月から9月にかけての夏場はバラへの水やりを最も本格的に行わなければならない季節です。

そうはいっても行事の多い季節ですから水やりができない日がもちろんありますよね。

「もしかしたら鉢バラが水枯れ!?枯れちゃった!?」・・・こんなケースが多発するのはやはり夏場です。

本稿は慌てる前に知っておきたい水枯れ症状からの回復方法を紹介しています。

 

Sponsored Link

 

水枯れからの鉢バラ復活方法

水枯れが問題になるのはおおむね夏場で、そして「鉢」植えのバラ(鉢バラ)に生ずることが通常です。

夏場の鉢内は厳しい高温環境となるため水不足が起こりやすくなるためです。また、株本体も厳しい日差しや熱風を受けて水分を失いやすい環境にあります。

これらについての理由は 夏の水やり|夏の鉢バラがさらされている危機的環境とは!?灼熱の夏を乗り越える夏の鉢植えの育て方 で詳しく説明していますが、鉢植えは夏に水枯れが起こりやすいものなのです。(他方、地植えのバラは水枯れを起こしづらい。)

 

水枯れ―初期

発見が早ければ簡単に回復する

以下の写真をご覧ください。

本来は直立しているはずの枝ですが、最敬礼のお辞儀をこえるほどに深く折り曲がっています。

 

鉢バラの水枯れ症状により、本来は直立しているはずの主枝が横に折れ曲がり、まるでお辞儀をしているかのような写真

水枯れ症状に陥ったバラの新苗

 

このように枝の先端近くがくたっと折り曲がる状態が水枯れの症状です。枝の先端部分が水分不足を起こすことによりこのようになるわけです。

水枯れ症状は、結論からいえば初期段階で対処してあげれば枯れることはありません

初期段階かどうかの目安は、水枯れで曲がっている枝の葉が乾燥しきっていない状態です上の写真では葉がしおれていることがわかりますが、乾燥してちりちりになるまでには至っていません

このような初期段階であれば問題なく復活させることができます。

(水枯れが進んだ中期段階でも適宜剪定を加えることで復活できます。)

 

水枯れが起きる理由

そもそも水枯れは、

  • 光合成による水分使用や気温・風による蒸散。鉢内の高温化に伴う根の傷みや乾燥

  • 水やりで与える水量と頻度

これらのバランスがとれていないことで起こります。

水枯れ症状を治癒するには、水を失わせる原因を改善することと水を補給することが水枯れからの復活方法です

 

水枯れからの回復

現に水枯れを起こしている場合には即座に改善させなければいけませんから以下のように行いましょう。

  1. すぐに鉢ごと日陰に移動←光合成させない
  2. 株元はもちろん葉裏へもたっぷり水やり←水の補給と株のクールダウン
  3. 落ちついたら適度に風が流れる日陰で養生させる←適度な風であれば葉の水滴を飛ばすのに役立つ。葉が長く濡れたままだとそれも良くない

このようなシンプルな対処で水枯れは改善します。早期回復のコツは、水をあたえた上で光合成を行わせず、蒸散もなるべく防ぐことです。

 

鉢バラの水枯れ症状だった株が回復しつつある様子。水やり後1時間経過後の写真。

処置後30分~1時間程度が経過した様子。力を取り戻して立ち上がってきているのがわかる

 

暗い場所で濡れ新聞などで株全体を覆ってやるとなお回復が早いです。ものの1時間でシャキッとします。

 

鉢バラの水枯れ症状だった株が回復しつつある様子。水やり後2時間経過後でこの通りにシャキッとしてきた。

 

水枯れから復活した後の管理

一度水枯れになった株はやはり弱ります。

数日間は日陰や半日陰の環境で養生させてあげるのが優しい付き合い方です。

 

Sponsored Link

 

水枯れ―中期

枝はしなびて葉がちりちりになっている状態でも回復可能

旅行などで自宅を数日あけている場合には水枯れが中期状態になっているケースがしばしばありえます。

ですがご安心ください。株が大ダメージを受けているのはたしかですが中期段階でも回復が可能です

具体的には、上記の1~3の方法に加えて以下のような剪定を行いましょう。

  1. チリチリになった葉はすべてむしり取る←残していても復活しない
  2. しわしわになった枝はその部分を切り取る(=剪定)←不要
  3. 残る株全体の枝葉も適宜剪定する←枝葉を減らして株の負担を軽くする
  4. 剪定は全体的に3分の1を目安に。重症なら2分の1程度切り戻す
  5. 剪定後、数日~1週間くらいは半日陰環境で養生させる←この段階では肥料をあげない
  6. 一週間程度を目安に液肥や肥料をあげて回復をはかっていく

 

これらを参考に行ってみてください。

 

本稿のまとめ

さて、いかがだったでしょうか。

本稿では暑い時期に起こりがちな鉢バラの水枯れ症状の紹介とその回復方法について説明してきました。水枯れ症状に対して血相を変えて慌てる必要はありませんが、早めの処置を心がけることが大切です。

水枯れはしないにこしたことはありません。 夏の水やり|夏の鉢バラがさらされている危機的環境とは!?灼熱の夏を乗り越える夏の鉢植えの育て方 を参考になさってみてください。

本稿が皆様のより良い暮らしに役立てば幸いです。あなたもバラと一緒に暮らす生活を始めませんか?

 

写真・記事の無断掲載・転載を禁止します。

Sentence/All photos:花田昇崇

Copyright © 2016 五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタ All Rights Reserved.

 

Sponsored Link

 

  • Pocket
  • LINEで送る

バラに包まれる暮らしの提案。『五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタ』でバラ体験

数千年の昔から我々を魅了し続けてきたバラは限りない魅力に包まれています。

見てよし、香ってよし、身に纏ってよし。そしてもちろんプレゼントの定番といえばバラ。

バラの楽しみ方はひとつではなく、使い方・楽しみ方はあなた次第です。

当店は“バラを視覚、味覚などの五感で楽しむ”ことをテーマにバラにまつわるアイテムを“厳選して”取り扱っているECショップです。

  • バラを実際に育ててみたい。
  • 手芸素材のバラを探している。
  • 食用バラ(エディブルローズ)に興味がある。
  • お洒落なバラ雑貨を探したい。
  • バラ柄のアイテムを探したい。

etc...

バラ好きのあなたにお届けするバラに包まれた暮らし、「五感で楽しむバラ体験」提案しています。

バラのことなら『五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタ』まで。

お気軽にご訪問ください。

 

 


バラ体験 五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタ ページに移動する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*