ハダニの駆除方法|肉眼で見えず、殺虫剤も効かない敵を退治する実践的な手順

  • Pocket
  • LINEで送る
ハダニの退治方法を説明した記事のアイキャッチ画像として。

バラの葉にかすり状紋様を生じさせることではじまるバラの害虫「ハダニ」との戦いはどのような手順で進めていけば良いのでしょうか。

ハダニは速いスピードで世代交代を繰り返していき、そのなかで人の中途半端な攻撃などいとも簡単にはねのける高い耐性を備えていく厄介な敵です。

ローズフェスタではこの厄介な害虫ハダニの各被害段階ごとの実践的な駆除方法について以下の1~3のように考えています。

  1. 初期段階は水攻めや安全性の高い農薬でとどめを刺す
  2. 中期・蔓延状態は主に化学農薬を使う。ただし1種類だけの殺ダニ剤なら最初から使ってはいけない
  3. 末期段階はもはや手遅れとして被害葉を整理して株の再生につとめる。むしろ周囲への被害に気を配る

このように各被害段階ごとに対応は異なります。

本稿では無農薬的手法や化学農薬を用いた手法・考え方を紹介した上で、上記1~3で示した各段階ごとの詳細を説明します。

 

Sponsored Link

 

はじめに

こちらの記事内容は ハダニ|バラの害虫|葉の表面のかすり状紋様に要注意!それが寄生の印 で説明した内容を前提とした後編です。本稿では具体的なハダニの駆除方法を扱っています。

 

駆除の方針

さて、ハダニ駆除の方針はどのように考えれば良いでしょうか。ハダニの特性は以下です。

 

ハダニの特性

  • 薬剤に強い耐性がある(=薬自体が効きづらい
  • 世代交代が速く、“その”薬剤に対する抵抗をもちやすい(=一度は効いたその薬もすぐに効かなくなりやすい
  • 増殖(世代交代)が速い
  • 高温・乾燥環境に強い反面、水に弱い
  • 窒息攻撃に弱い

などが代表的なものです。

これらの特性を踏まえて被害の程度・段階に応じた対策を講じていきます。

 

ハダニの駆除方法:無農薬“的”手法による駆除

害虫駆除の基本戦略は化学農薬を使うことにあるものの、ハダニには特有の厄介さがあります。また一般の方に化学農薬の使用を初手からすすめていくことには問題があると考えます。やはり化学農薬に頼らずにすむのであればそれがベストです。

そこで無農薬手法と、“ほぼ無農薬”と言ってよいほどに安全な農薬を使った駆除方法から紹介します。

 

基本戦略は水攻め

「高温・乾燥環境に強い反面、水に弱い」特性をもっていることからその弱点を突きましょう。

基本戦略は弱点である水攻めです

 

シリンジで繁殖力を弱らせる

 シリンジとは霧吹きや噴霧器などを使って植物の葉っぱに水分を与えることを言います。

水が弱点であり非常に小さなハダニには霧状の水であってもダメージを与えることができます水攻めを受けることで繁殖力が衰えるため、ハダニを抑制する効果が見込めます

ただでさえ夏場は葉が潤いを失いがちです。乾燥状態下ではもともと葉への水分補給を兼ねたシリンジを日常的に行うことが好ましく、同時にそれがハダニの抑制にもつながります

主に葉裏で活動しているので、シリンジは葉裏へ念入りに行うようにしましょう早朝と夕方に、一日2度ほど行うようにされてください

なお、葉への散水は黒星病を招くから行わないという方がいらっしゃいますが、季節・場所・時間を考えて行えば黒星病にはなりません。

 

強力な圧縮水で吹き飛ばす

その他の水攻めの方法として、強く圧縮した水を葉裏にあてて物理的にハダニを吹き飛ばすという手段があります。水道の蛇口のホース先端を親指などで押さえると水圧を強めることができますがこれを使った方法です。

原始的な方法ですが非常に有効です少なからず葉にダメージが生じるもののいとも簡単にハダニを吹き飛ばすことができます2~3秒ほどあてていれば吹き飛びます

ただし、吹き飛ばし戦法を使ってよいケースは株が少ない場合に限られます。バラの本数が多くある場合には、たとえAの株から吹き飛ばしたところでBの株に移ってしまうのでは意味がありません。

 

シリンジ+強力散水がワンセット

シリンジで弱らせておいて、強力散水で吹き飛ばす。完全無農薬の方法はこのセットが基本です。

この水攻めとあわせて次に紹介する安全性の高い農薬を使うことでさらにハダニを抑えることができます。

 

安全性の高い農薬を使う方法+無農薬防除の方法

ひとくちに農薬と言っても、農薬も様々にあり、人や環境に優しいものもあります。

安全性の高い農薬というのは主原料が自然由来の成分のため人に対する安全性が高く、散布のための重装備をすることなく手軽に扱えるのがメリットです。

ともに自然由来の農薬として「粘着くん」や「ハッパ乳剤」があります。詳細は ハダニへの殺ダニ剤の無計画使用は厳禁|科学的に征する殺ダニ剤と物理的に征する天然由来の農薬 をご覧ください。

他方で、完全無農薬防除の1方法としてコーヒーを使うという手もあります。農薬と比べるとむろん効果は劣りますが取り入れてみても良いでしょう。詳しくは コーヒーのききめ|4害虫の防除・忌避効果|有機・無農薬で育てるバラ栽培 をご覧ください。

 

この章のまとめ

無農薬手法として水攻めと比較的安全に使える農薬を紹介しました。

これらを日常的に行うことでハダニの蔓延を事前に防止することができるでしょう予防に勝る治療法はありません

それでも発見が遅れたり対処をあやまって蔓延状態を招いてしまう場合が往々にしてあり、むしろ実際には蔓延状態になってはじめてハダニの存在に気がつくことが多かろうと思います。

蔓延状態に至ると本格的なハダニとの戦いが始まります。害虫駆除の定番である化学農薬による駆除方法について説明します。

 

ハダニの駆除方法:化学農薬による駆除

害虫退治の王道はやはり化学農薬による駆除です。

散布した範囲内のハダニを死滅させ、さらに残効(=散布後、一定期間薬剤の効果が続くこと。)のある薬剤であれば当面ハダニを寄せ付けません。

 

ハダニを退治する薬剤は専用の「殺ダニ剤」

害虫を駆除する薬剤といえば、あなたは殺虫剤をイメージされるかも知れませんね。

ですが結論から言うと、ハダニに殺虫剤の類はあまり効きませんバラの害虫「アブラムシ」などに効いていたオルトランやスミチオン、キンチョールなどの殺虫剤系統はハダニに対してはあまり効果がないのですこれを必ず知っておいてください

ハダニに対しては殺ダニ剤を用いるのが基本です

 

殺ダニ剤については別稿で詳しく説明

殺ダニ剤の種類や使用上の原則・注意点についても ハダニへの殺ダニ剤の無計画使用は厳禁|科学的に征する殺ダニ剤と物理的に征する天然由来の農薬 でまとめています。

殺ダニ剤は本稿を一読した上で使用を検討ください。

 

殺ダニ剤を使ってもしぶとい

複数の殺ダニ剤があることを紹介しましたが、これらをローテーションしても絶対にハダニの猛威を抑えきることができると断言することができないのが歯がゆいところですそれほどにハダニはしぶといのです

異なる5系統以上の多くの種類をローテーションしていけば化学農薬だけで制することもできなくはありませんが、少なくともご家庭でこれを行うのは実際的ではありません。

薬剤だけで制することに難しさがあることを知りましょう

 

Sponsored Link

 

ハダニを駆除する実践的な手順

手ごわいハダニを駆除するには、ここまで紹介してきた手法を単独で別個に用いるのではなく、状況に応じて組み合わせるようにします

 

被害段階に応じた組み合わせで対処する

  • シリンジ・圧縮散水などの水攻め
  • 粘着くんやハッパ乳剤などの(効果は不十分だが)耐性がつきづらい薬剤の使用
  • 制圧力に優れた強力な薬剤だが耐性がつきやすい殺ダニ剤などの化学農薬の使用
  • 剪定による適度の切り戻し

の手法を被害段階や程度に応じて使い分けたり、組み合わせることで対処していきます。中期以降は枝の剪定も組み合わせます。

 

[発生初期]

バラの害虫「ハダニ」の被害を受けた可能性のあるバラの品種「ベビーロマンティカ」。葉にかすり状が見える。発生初期の被害葉。花田昇崇が撮影。

発生初期の状態。主戦場は株元付近の下葉あたり

 

基本スタイル

まず、この段階で殺ダニ剤などの化学農薬を使うことは一切ありませんむしろ絶対に使うべきではありません

初期段階におけるハダニの総数は少ないため無農薬手法で封じ込めを行います。使う手段は、

  • シリンジ
  • 圧縮散水

この2つを併用して行いながら水攻めのみで抑えるのが基本です。状況によりこれだけで不充分と感じる場合には、

  • 粘着くんorハッパ乳剤

のどちらかの薬剤を加えた合計3手法の組み合わせで抑えていきます。

 

注意点

水攻めは被害が確認されている葉のみに行うのではなく、その株の他の葉にもすべて行うことが大切です少しの見逃しがのちの蔓延へとつながっていくため入念に行うようにしましょう

朝夕2度の涼しい時間帯にシリンジと圧縮散水を行い、水攻めのあと、必要に応じて粘着くんなどを吹きかけておきます

小さな卵などが見当たらなくなるまで繰り返し行います

この発生初期での基本スタイルはハダニの予防にもなるので、暑い時期にさしかかる頃より予防的に行っておくのも良いでしょう

 

[中期・蔓延状態]

バラの害虫「ハダニ」の被害を受けた可能性のある株を上から撮影した写真。株全体に水を撒いた直後の写真で、枝葉が不気味にてかっている。これはハダニが蔓延しているためであると考えられる。花田昇崇が撮影。

中期・蔓延状態。主戦場は株の中央付近に推移。ハダニ増殖の最終防衛ラインがこの中期

 

基本スタイル

シリンジや圧縮散水などの無農薬的な手法ではさほど大きな効果が見込めなくなるのが中期・蔓延状態です

使う手段は、

  • 殺ダニ剤などの化学農薬による対処
  • シリンジや粘着くんなどは使用しても良い
  • 圧縮散水は無計画に行わない

ここからは化学農薬による対処が中心となります

初期段階で行ってきたシリンジや粘着くんは引き続き行っても構いません。ただし薬剤を使う前には圧縮散水を行わない方が良いです。大量にいるハダニが水圧で各所に散るだけです。

 

化学農薬を中心とした駆除方法

ハダニへの殺ダニ剤の無計画使用は厳禁|科学的に征する殺ダニ剤と物理的に征する天然由来の農薬 で説明したとおり、殺ダニ剤の使用にはローテーション散布が不可欠です

意識しなければならないのはハダニに薬剤耐性が生じないようにすることです。1種類の殺ダニ剤しか使わない意向であれば、最初から1種類も使わないようにしましょう

化学農薬だけで押し切ろうとするのではなく、あいまあいまにシリンジによる水攻めや粘着くんなどの薬剤耐性を生じさせない方法を併せることで総合的にハダニを弱らせて駆除していくという考え方を理解することが重要です

手順はたとえば、

  1. 1日目.殺ダニ剤Aを散布
  2. 2日目.粘着くん&シリンジ(または片方)
  3. 3日目.粘着くん&シリンジ(または片方)
  4. 4日目.殺ダニ剤Bを散布
  5. 5日目.以降はこれを3~5回ほど繰り返す。

ハダニは10日ほどで一世代増えるので少し長い目で対策をしていくのが良いと思います。卵も順次孵化していくので殺ダニ剤の隙間を粘着くんやシリンジで補います。殺ダニ剤は2~3日おきに散布する感じで良いでしょう

葉裏をチェックしてハダニがいなくなるまで繰り返して行っていきます。

まったくいないと判断した場合にはほぼおさまったと判断し、以後は化学農薬の使用はピタリとやめて、発生初期と同じスタイルに移行します。無農薬方法で管理しつつ再襲来に備えます。これからは圧縮散水を行っても構いません。

このように行えばハダニの被害葉を切除しなくとも済みます。(被害程度にもよりますが)葉はなるべく多く残していた方がその後の回復が早まります。

 

無農薬手法で頑張りたい方への方法

そうはいっても化学農薬は絶対に避けたいという方もいらっしゃるでしょう。無農薬を中心とした駆除方法についても説明しておきます。

この場合に使える手段は発生初期のスタイルと同じ方法に依らざるを得ません。これだけではなかなか実効性が望めないので、被害が著しい葉はすべて切除することが必要です。被害が著しい葉をすべて切除してハダニの総数を大きく減らすのが目的で、その後に残る葉で株の再生を考えます

手順はたとえば、

  1. クモの巣がはっている箇所より下の葉はすべて葉の根元から切除する
  2. 葉裏を確認し、ハダニが多くいる葉も切除する
  3. このようにしてハダニの総数を減らす
  4. 粘着くんやハッパ乳剤をよく使い、残るすべての葉に継続的に散布する
  5. シリンジも併せて行い、葉の乾燥を防ぐようにつとめる
  6. いなくなるまで④と⑤を繰り返す

などで対処することになります。

時間がかかり、また絶対に抑え込めるとは言い切れませんが、それなりの効果が見込める方法です。根気強さが必要です。

 

注意点

この中期段階では、ハダニが蔓延した株を中心に、付近の雑草や他のバラにもハダニが広がりつつある状態です。

“その被害株だけ”を考えるのではなくて、周囲の状況に気を配ることが重要ですさもなければ繁殖力の強いハダニを相手に、しょせんはイタチゴッコに終わることにもなりかねません

ハダニを防止する最終ラインは中期段階であるここです。なんとしてでもこの中期段階で食い止めましょう。

 

【最終段階。対処法】

ハダニが蔓延しきった株の状態。葉は生気を失い、蜘蛛の糸がはっきりと見える状態になっている。花田昇崇が撮影。

末期・最終段階

 

基本スタイル

ハダニの侵攻は最終局面に達しており、もはや止めようがありません。ここに至ればこの被害株をどのように救うかが最大の関心事です。

中期段階よりも手順はかえってシンプルです。

  1. 株の葉をすべて切除する。残してはいけない(=株が丸裸になる)
  2. 丸裸となった株全体に殺ダニ剤を散布
  3. ※周囲のバラにも殺ダニ剤を散布。周囲の雑草は残さず切除
  4. ※周囲の株に被害が生じていないかを念入りに確認する
  5. 丸裸となっている株を剪定する。夏場だが2分の1から3分の1に切り戻す
  6. 肥料を与え、直射日光が当たらないよう日陰状態にして養生させる

これらの手順で株が枯死しないように注意します。

 

注意点

この最終段階では間違っても圧縮散水をしてはいけませんハダニの被害を広範に生じさせる原因にしかなりません

なお、ハダニがついた葉は言うまでもなくビニール袋に入れて二重三重に口を封じておきます。はいだしてくるといけないので注意してください。ビニール袋は燃えるごみなどにだして焼却処分にします。

 

 

本稿のまとめ

さて、いかがだったでしょうか。

本稿はハダニの駆除方法について、幅広く紹介してきました。ご覧いただいたように、ハダニの駆除方法とはその被害段階ごとに異なるものなのです。

細かな場合分けをしたこともあり、一読で内容のすべてを了知するのは困難かと思います。必要に応じて適宜参照されるなどしてお役立ていただければ良かろうと思っています。

 

本稿が皆様のより良い暮らしに役立てば幸いです。あなたもバラと一緒に暮らす生活を始めませんか?

 

写真・記事の無断掲載・転載を禁止します。

Sentence/All photos:花田昇崇

Copyright © 2016 五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタ All Rights Reserved.

 

Sponsored Link

 

  • Pocket
  • LINEで送る

バラに包まれる暮らしの提案。『五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタ』でバラ体験

数千年の昔から我々を魅了し続けてきたバラは限りない魅力に包まれています。

見てよし、香ってよし、身に纏ってよし。そしてもちろんプレゼントの定番といえばバラ。

バラの楽しみ方はひとつではなく、使い方・楽しみ方はあなた次第です。

当店は“バラを視覚、味覚などの五感で楽しむ”ことをテーマにバラにまつわるアイテムを“厳選して”取り扱っているECショップです。

  • バラを実際に育ててみたい。
  • 手芸素材のバラを探している。
  • 食用バラ(エディブルローズ)に興味がある。
  • お洒落なバラ雑貨を探したい。
  • バラ柄のアイテムを探したい。

etc...

バラ好きのあなたにお届けするバラに包まれた暮らし、「五感で楽しむバラ体験」提案しています。

バラのことなら『五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタ』まで。

お気軽にご訪問ください。

 

 


バラ体験 五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタ ページに移動する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*