初心者必見!4基準から導くおススメの『シュラブ』ローズ10選

  • Pocket
  • LINEで送る
ラージフラワードクライマー(LCI)品種の「ナエマ」(Delbard,G.,フランス)の開花写真。サーモン色を含む淡桃色のカップ咲きの品種。強いフルーツの香りが魅力。長崎ハウステンボスにて、花田昇崇が撮影。

本稿は バラ初心者の品種の選び方。あなたに最適なバラを探す4基準 で案内した基準を前提に、数多くある『シュラブ(半つる性)』ローズのなかから10品種紹介をしています初心者の方でも簡単に育てられる総合的に強い品種です。

今回扱う品種は3つに分類される樹形のうち「シュラブ樹形(=半つる性)」に属するもので、4基準をもとに選んだ私花田がおススメするバラです。現時点におけるこれまでの私の総合的な経験に基づく独断と偏見での選別となりますが、初心者の方のバラ選びに有益な一助となるものと確信しています。

バラ栽培にはじめて挑むシュラブローズ最初の1株は紹介するなかから選べば間違いないはずです。強いシュラブをお探しのあなたは是非ご覧ください。

 

Sponsored Link

 

初心者はバラをどう選ぶ?

バラ初心者の品種の選び方。あなたに最適なバラを探す4基準 はこれまでバラを育てたことがない人に向けて最初の1株を探すための視点を説明しています。

 

シュラブの特徴についてご存じない方はこちら

こちらの記事では樹形の特徴や花色の多彩さの魅力など、シュラブの魅力を紹介しています。

シュラブ(S)ってなに?|樹形の特徴|シュラブ樹形がわかりづらい原因と多様な個性が集まる理由

先にご覧いただくことで本稿をいっそうお楽しみいただけると思います。

 

初心者は必ずチェック!お勧めのシュラブローズ10選

それでは、優れたシュラブローズを10種紹介していきます。

各10品種の品種データの「芳香」「耐病性」に付した星マークは6段階評価としています。6段階中★が多いほど「強さ」をあらわします。

なお、以下で紹介する品種のなかで作出された欧米本国の分類では「フロリバンダ」とされるものの、日本の気温環境下での実態でみればシュラブに類する特性を有する品種があります。それらについては実情に即して本稿で扱うことにします。LCIやポリアンサについても同様です。

 

ザ・ジェネラス・ガーデナー(Austin,D)

イングリッシュローズ「ザ・ジェネラス・ガーデナー」(シュラブ)の開花写真。

分類:シュラブ・開帳,2.0×2.0m。花径8㎝。2002年発表

 

人気のイングリッシュローズより、ザ・ジェネラス・ガーデナー。

ホワイトの花色は徐々に淡い桃色に染まっていく。

イングリッシュローズの代名詞的な香りの「ミルラ」の中香。ミルラにムスクの香りが微妙に混じる。

ザジェネラスガーデナーの耐病性は、うどん粉病・黒星病ともに普通よりは「やや強い」程度であり、薬剤散布をした方が安心。イングリッシュローズの品種の中では耐病性が「強め」の部類に入る。

日光を好み、日陰は苦手。

横に伸びるタイプなので基本的には地植え向き。構造物に誘引して咲かせるのが良いが、樹勢が強い上に枝が太く、かつするどいとげが多いので誘引作業には苦労する。

「返り咲き」品種で秋の花つきがイマイチなのが残念。

 

ザジェネラスガーデナー・4基準データ

  • 花色 : ホワイト~薄くピンクが混じる
  • 芳香 : ★★★☆☆☆ (中香)
  • 耐病性 : ★★★☆☆☆ (うどん粉病・黒星病ともに「やや強い」)
  • 樹形 : シュラブ・横に伸びるタイプ

 

ザ・フェアリー(Bentall,A)

シュラブローズ「ザ・フェアリー」の春の開花写真。桃色の花色の品種。長崎ハウステンボスにて、花田昇崇が撮影。

分類:ポリアンサ・ドーム,2.0×2.0cm。花径:3cm。1932年

 

柔らかな桃色が時間とともに退色し、薄いピンク色へと変わっていく。

ザ・フェアリーの耐病性は、うどん粉病に「強く」、黒星病にも「強い」。定期的に薬剤散布した方が安心だが、しなくても病気でやられることは少ない。”ほぼ”無農薬栽培で育てることも可能。

香りはほぼない(弱い)。花つきが良く、年間を通して咲き続ける。花つきも良い。低い位置で切りそろえ、低いフェンスなど横方向に誘引していくと良い修景バラとして扱うのにも向いている

ポリアンサは、ノイバラとチャイナローズなどの交雑種の系統。

 

ザフェアリー・4基準データ

  • 花色 : 桃色~薄桃色
  • 芳香 : ★☆☆☆☆☆ (微香)
  • 耐病性 : ★★★★☆☆ (うどん粉病&黒星病ともに「強い」)
  • 樹形 : ポリアンサ・(枝が伸びると)地を這うタイプ

 

シャンテ・ロゼ・ミサト(DELBARD)

シュラブローズ「シャンテ・ロゼ・ミサト」の開花写真。濃いピンク色から徐々に紫が混じっていく花色。長崎ハウステンボスにて、花田昇崇が撮影。

分類:シュラブ・1.5×1.0m。花径:7cm。2007年発表

 

歌手の渡辺美里さんに捧げられたバラとして有名。

ダークピンクの花色に徐々にパープルが加わる。甘すぎず、控えめな紫が混じる花色は若々しさを主張しすぎることなくしっとりと奥深い大人の色気をみせる。

シャンテロゼミサトの耐病性は、うどん粉病と黒星病のいずれにも「強い」。定期的に薬剤散布した方が安心だが、しなくても病気でやられることは少ない。”ほぼ”無農薬栽培で育てることも可能。

香りは「ミルラ」を主とする強香。ラベンダーのような香りも混じる。強いミルラ香を楽しめる初心者向けの品種ならシャンテロゼミサトが最適

花つきが良く、しかも花もちも良い。露地栽培で成株になれば年中観賞できるほど。

直立して縦方向に伸びていくタイプ。省スペースですむので、地植えでも鉢栽培でもいずれにも向く。樹勢も強い。

鉢で育てる場合には深めに切り戻すようにすると木立ち性品種のように管理できる。浅めの剪定にとどめ、オベリスクなどに絡ませても見栄えする。

路地に植える場合にはアーチやフェンスに誘引するなどして縦・斜め上方向に誘引すると見栄えする。

 

シャンテロゼミサト・4基準データ

  • 花色 : 淡いピンク~淡い紫
  • 芳香 : ★★★★★☆ (強香)
  • 耐病性 : ★★★★☆☆ (うどん粉病&黒星病ともに「強い」)
  • 樹形 : シュラブ・縦に伸びるタイプ

 

ナエマ(DELBARD)

ラージフラワードクライマー(LCI)品種の「ナエマ」(Delbard,G.,フランス)の開花写真。サーモン色を含む淡桃色のカップ咲きの品種。強いフルーツの香りが魅力。長崎ハウステンボスにて、花田昇崇が撮影。

分類:LCI(ラージ・フラワード・クライマー)。花径8㎝。1998年発表

 

女性の支持が厚い人気の品種

パールピンクのエレガントな花色。中心になるほど少し濃くなる。

ナエマの耐病性は、うどん粉病と黒星病の両方に「強い」。定期的に薬剤散布した方が安心だが、しなくても病気でやられることは少ない。”ほぼ”無農薬栽培で育てることも可能

花つきが良く、花もちも良い。清々しいフルーツの爽やかさが強く香る(強香)のと相まって、満開のナエマの園には至福の時が流れる

花弁は薄い。そのため強くなく雨でシミがでやすい。これは予め知っておきたい。

分類のLCI(ラージ・フラワード・クライマー)は、地を這うランブラーと木立ち性(フロリバンダやハイブリッドティー)が交雑されて作出された品種の系統。

「クライマー」であることから構造物に誘引する用い方が中心と思いがちだが、ナエマの場合には株元に花が咲きづらいので少し工夫が必要。樹形は「上に伸びるタイプ」になり、横に行きづらい。

切り詰めて木立ち性のように扱うのがおススメ

木立ち性のように扱うのであれば鉢栽培にも向く。構造物に誘引する場合には地植えとなる。

 

ナエマ・4基準データ

  • 花色 : 淡桃色
  • 芳香 : ★★★★★☆ (強香)
  • 耐病性 : ★★★★☆☆ (うどん粉病&黒星病ともに「強い」)
  • 樹形 : ラージ・フラワード・クライマー

 

ノック・アウト(Radrazz,W)

JR福山駅南口に設置されたバラ花壇に咲くシュラブローズ「ノック・アウト」の開花写真。写真の枠いっぱいに咲く満開の様子。花田昇崇の撮影。

分類:シュラブ・横張り,1.0×1.0m。花径7㎝。2000年発表

 

濃いローズレッド~ピンクの色合いが妖しく美しい花色は開花後、徐々に薄れていく

ノックアウトの耐病性は相当に強く、薬剤とは無縁耐病性の強いバラの代名詞的な品種となっているなかでも黒星病に特に強いもちろん無農薬栽培が可能花名のノックアウトは「病気を倒す」という意欲の現れ

花つきが良く、花もちも良いこれらが晩秋まで咲き続けるので庭に植えればバラを年中観賞することができる

香りがなくはないが、弱いこの点だけがノックアウト唯一の欠点

しかし総合的にみてノックアウトは外せない庭に一株あると“初心者が安心できる品種”といえる

 

ノックアウト・4基準データ

  • 花色 : 濃いローズレッド~ピンク
  • 香り : ★☆☆☆☆☆ (微香)
  • 耐病性 : ★★★★★★ (うどん粉病は「かなり強い」。黒星病は「相当強い」)
  • 樹形 : シュラブ・こんもりとまとまるタイプ

 

バニラ・ボニカ(MEILLAND)

シュラブローズ「バニラ・ボニカ」の開花写真。咲き進めると全体がアイボリー色に染まる。写真いっぱいに房となって咲いている。長崎ハウステンボスにて、花田昇崇が撮影。

分類:シュラブ・開帳,1.5×1.4m。花径4cm。2006年発表

 

クリームを帯びた優しい花色は咲きすすむにつれやがて中心から広がる淡い黄色で全体が染まっていく。

バニラボニカの耐病性は、うどん粉病・黒星病ともに「やや強い」程度であり、薬剤散布をした方が安心。

残念ながら香りは薄い。フルーツ系の微香。

この品種の魅力は満開時に株全体を覆うほどに花で埋め尽くされる圧巻の姿にある。次々と開花するので花が絶えない。

横にのびやすい樹形。肥料を多めに与えすぎると、更に伸長して地を這うように横に伸びていってしまう。フェンスなどの低めの構造物に横に誘引するのが良い。

 

バニラボニカ・4基準データ

  • 花色 : クリーム~アイボリー
  • 芳香 : ★★☆☆☆☆ (微香)
  • 耐病性 : ★★★☆☆☆ (うどん粉病&黒星病ともに「やや強い」)
  • 樹形 : シュラブ・多肥環境だと地を這うように伸びる

 

ポンポネッラ(KORDES)

フロリバンダローズ「ポンポネッラ」の春の開花写真。濃い桃色の花色が次々と咲く。長崎ハウステンボスにて、花田昇崇が撮影。

樹形:フロリバンダ・2.0×2.0m。花径4cm。2005年発表

 

薄い桃色~濃い桃色となる幅広い花色。

ポンポネッラは耐病性が強く、うどん粉病・黒星病ともに「かなり強い」。薬剤散布とは無縁。

香りをほどんど感じない点が残念。

しかし花数は最大で十数輪の房となる抜群の花つき。花もちも良い。年間を通じて繰り返し開花するので地植えにして修景バラのようにするのが良いかも知れない。

欧米での分類はフロリバンダ品種だが、国内ではシュラブとして扱うのがベター。剪定を浅めにとどめれば枝は2mほどまで伸びる。低めのフェンスに沿わせて横に誘引していくと見事。反対に短く切り詰めてブッシュのように扱っても良い。どちらもおススメ。

 

ポンポネッラ・4基準データ

  • 花色 : ディープ・ピーチ(濃い桃色)
  • 芳香 : ★☆☆☆☆☆ (無香~微香)
  • 耐病性 : ★★★★★☆ (うどん粉病&黒星病ともに「かなり強い」)
  • 樹形 : 木立ち性・フロリバンダ。

 

ムンステッド・ウッド(Austin,D)

イングリッシュローズ「ムンステッド・ウッド」(シュラブ)の開花写真。赤黒紫が複雑に混じる複合色と濃厚なダマスク香が魅力のバラ。大きく2輪咲いている。2016年5月7日、五感で楽しむ薔薇の専門店ローズフェスタ所有のビニールハウス内で花田昇崇が撮影。

分類:シュラブ・開帳,1.2×1.0cm。花径10cm。2008年発表

 

おススメのイングリッシュローズ。

黒・赤・紫が複雑に入り混じりあう複合色。

ダマスクの強香一度嗅ぐと忘れられなくなりそうになる

ムンステッド・ウッドの耐病性は、うどん粉病と黒星病ともに「やや強い」。春は不要だが、梅雨以降には薬剤散布をしておくと安全。もっとも樹勢が強いのでやられることは少ない。病気に寛容なら無農薬栽培でもやられることは少ない。

大きくかつ小さなとげが非常に多いので素手での作業は危険。皮手袋が必須。若い枝は柔らかくしなやか。

地植えと鉢栽培のいずれにも適するが、とげがきついので鉢の場合には注意する。写真は鉢栽培のものだが、スペースが確保できるのであれば地植えをおススメしておきたい。

※こちらの記事でムンステッドウッドの詳しい特徴や魅力を紹介しています。

⇒ 神話にみた雄々しく猛る深紅の大蛇。イングリッシュローズ[ムンステッドウッド]の栽培実感

 

ムンステッドウッド・4基準データ

  • 花色 : 黒赤紫が混じる複合色
  • 芳香 : ★★★★★☆ (強香)
  • 耐病性 : ★★★★☆☆ (うどん粉病は「やや強い」。黒星病は「強い」)
  • 樹形 : シュラブ・(適宜剪定すると)こんもりとまとまるタイプ~(枝を伸ばすと)地を這うタイプ

 

レッチフィールド・エンジェル(Austin,D)

シュラブローズ「レッチフィールド・エンジェル」の春の開花写真。写真の花色は白みが強い。長崎ハウステンボスにて、花田昇崇が撮影。

 

天使の名前がついたバラ。

花色はホワイト~アイボリーを基調に、ときおりクリームイエローが入る。下界を見下ろすかのように、うつむき気味に咲く。

ダマスク香にティーの香りが混じる心地よい芳香だが、強く香ることはなく中程度の強さ。

レッチフィールドエンジェルの耐病性は、うどん粉病と黒星病の双方に「強い」。定期的に薬剤散布した方が安心だが、しなくても病気でやられることは少ない。”ほぼ”無農薬栽培で育てることも可能

花もちが良いので長く咲かせておくことができる。うつむきかげんに咲くものの、クライミングのように扱うのには向かない。ブッシュローズに近い。

こんもりとコンパクトにまとまるため、地植えはもちろん鉢栽培にも向く。とげが少ないのが初心者には嬉しい。

成株は繰り返してよく咲く。四季咲き性が強いのも長所。

 

レッチフィールドエンジェル・4基準データ

  • 花色 : アイボリー~クリームイエロー
  • 芳香 : ★★★☆☆☆ (中香)
  • 耐病性 : ★★★★☆☆ (うどん粉病・黒星病ともに「強い」)
  • 樹形 : シュラブ・こんもりとまとまるタイプ

 

レディ・エマ・ハミルトン(Austin,D)

透き通るようなオレンジ色がまぶしいイングリッシュローズ「レディ・エマ・ハミルトン」。超美麗な開花写真。撮影者:五感で楽しむ薔薇の専門店ローズフェスタby花田昇崇。2016.5.20.撮影。

分類:シュラブ(S)。花径8㎝。2005年発表

 

最もおススメしたいイングリッシュローズ

クリアーで爽やかなオレンジ色の花色が魅力

果実を思わせる花姿そのままの強いフルーツ香が何より素晴らしい

レディエマハミルトンは、うどん粉病の耐性が「強い」。「黒星病」については「かなり強い」強いイングリッシュローズで安心して露地栽培できる。

伸びすぎずにコンパクトにまとまる樹形のため、鉢でも地植えでもどちらでも良い。ただし安心して雨にあてられることもあり、より大きく成長させる目的で地植えしておくのがおススメ朝の外出時に漂う庭のフルーツ香は一日の気持ちを整えるのに最適

花は一枝から約3輪ほどの房になってたわわに咲く薄い花弁ということもあり、花もちは普通(3~4日)程度ただしよく咲く

剪定は、枝ぶりが細く、かつ株の内側に枝が密集していきやすいので、内側の枝の剪定に意識を向けるのが良い

寒さに強いが、逆に暑さには弱い昨今の日本の気温では5月の暑さでもダメージを受けやすい。鉢にせよ地植えにせよ、強すぎる日差しにはちょっとした遮光措置を講じるなどの対策を施すのが良い。

※こちらの記事でレディエマハミルトンの詳しい特徴や魅力を紹介しています。

⇒ 甘く爽やかな香りと強い対病性。[レディエマハミルトン](ER)の栽培実感

 

レディエマハミルトン・4基準データ

  • 花色 : オレンジ色
  • 芳香 : ★★★★★☆(強香)
  • 耐病性 : ★★★★★☆(うどん粉病は「強い」。黒星病は「かなり強い」)
  • 樹形 : シュラブ・こんもりとまとまるタイプ

 

Sponsored Link

 

補足。10品種の選抜基準について

最後にこれらをどのようにして選んだのかについて説明しておきます。

4基準とは、「花色」・「香りの強弱」・「耐病性の強弱」・「樹形」の4点を総合的に見て決めようということでした。

本稿で紹介してきた10品種は、

  • 4基準のうち「樹形」がシュラブ(半つる性)のもの
  • 花色―なるべく異なる花色
  • 香り―なるべく香りの強い品種
  • 耐病性―なるべく耐病性の強い品種

という観点から選びました。

このうち花色については青系や黄色系の品種の検討もしましたが、例えば黄色系の銘花「グラハム・トーマス」なども「初心者に最適」とまでは言い切ることができないと考え見送ることにしました。

花色は上記の写真をご覧いただくとして、「香り」と「耐病性」の2点の総合点が高いと私の考えたシュラブ系品種が本稿で掲載したバラになります

なお、余談ながら裏話をしておきますと、本稿で紹介した品種以外にも強いシュラブは数多く存在します。強い品種の話をあちこちから伝え聞きますが、実際に触れたこともない花を伝聞情報だけで紹介するのはいかがなものかと考え差し控えました。本稿で紹介していない強い品種については皆さんご自身で探されてみても楽しいかも知れませんね。ご自身で探していくための手がかりはここ広場をご覧いただくとわかります。ぜひ挑戦なさってみて欲しいと思います。

 

 

本稿のまとめ

さて、いかがだったでしょうか。

本稿ではシュラブ系品種を中心に、その他シュラブに準ずる特徴のある品種から手間暇のかからない初心者おススメの品種を10種紹介しました。

あなたの心が動かせた品種と出会うことができましたでしょうか。また、シュラブ樹形とはどのようなものかが伝わりましたでしょうか。これら10種であれば病気に心を煩わされることなく純粋にバラの楽しみに触れることができるのではないかと思っています。「バラの品種は多すぎてどの品種を選べば良いかわからない!」といった方はこれら紹介したなかから最初の1株を選んでみてください。

以上、本稿は4基準に基づき初心者が最初に選ぶべきシュラブ系の品種について紹介しました。

本稿が皆様のより良い暮らしに役立てば幸いです。あなたもバラと一緒に暮らす生活を始めませんか?

 

他の樹形についての紹介

※木立ち性品種について紹介しています。こちらもどうぞ。

初心者必見!4基準から導くおススメの『木立ち性』バラ10選

今後クライミングローズについての紹介も予定しています。

更新予定:初心者必見!4基準から導くおススメの『クライミング』ローズ10選(※更新時期未定)

 

写真・記事の無断掲載・転載を禁止します。

Sentence/All photos:花田昇崇

Copyright © 2015-2016 五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタ All Rights Reserved.

 

Sponsored Link

 

  • Pocket
  • LINEで送る

バラに包まれる暮らしの提案。『五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタ』でバラ体験

数千年の昔から我々を魅了し続けてきたバラは限りない魅力に包まれています。

見てよし、香ってよし、身に纏ってよし。そしてもちろんプレゼントの定番といえばバラ。

バラの楽しみ方はひとつではなく、使い方・楽しみ方はあなた次第です。

当店は“バラを視覚、味覚などの五感で楽しむ”ことをテーマにバラにまつわるアイテムを“厳選して”取り扱っているECショップです。

  • バラを実際に育ててみたい。
  • 手芸素材のバラを探している。
  • 食用バラ(エディブルローズ)に興味がある。
  • お洒落なバラ雑貨を探したい。
  • バラ柄のアイテムを探したい。

etc...

バラ好きのあなたにお届けするバラに包まれた暮らし、「五感で楽しむバラ体験」提案しています。

バラのことなら『五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタ』まで。

お気軽にご訪問ください。

 

 


バラ体験 五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタ ページに移動する

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 草津 より:

    オデュッセイアというバラの性質を探していてこのページにたどり着きました(^^)
    今新居を計画中で、出来れば薬剤散布が少なめで済むバラをと検討しておりましたので、ページの情報がすごくためになりました‼︎ありがとうございます。
    今特に悩んでいるのが、玄関側の西日があたるスペースが窓も少なく壁面が多いため、何か華やかに飾れるバラは無いかなと検討しているのですが、お勧めはありませんでしょうか?今の所、ポンポネッラやアンジェラなどの品種が良いかな…と考えているのですが…
    いつか記事にしていただけると嬉しいです‼︎
    この他の記事も拝読させていただきたいと思います!

    1. rose-festa-square より:

      草津さん

      こんにちは。
      参考になったようで幸いです^^

      ご質問いただいた内容ですが、壁面を飾るとなればやはり「つるバラ品種」になろうかと思います。
      じつはつるバラにも様々な特徴がありまして、もしも草津さんのお宅のその壁面スペースが上方向に余裕があるということでしたら、上へ上へと伸びる傾向のバラがおススメです。
      この場合には、アンジェラは最適だと思います。地植えすることで大きく生長していきますし、なにより病気に備えるための薬剤散布の手間がほぼ必要ありません。(植え付け初年度は病気にかかると思いますが、枯れることは少ないと思いますので、大らかな気持ちで接するのがコツです。)
      逆に、ポンポネッラは横に伸びるバラですので、高さには少しあわせづらいかもしれません。

      ご要望いただいたアンジェラについてもご紹介できるよう準備を進めておきますね。

      ※なお、当サイトはじつは新しいサイトへのリニューアル準備中で、それで現在は更新を控えている状況です。
      新サイト側の準備が整いましたらまた当サイトでもお知らせいたします。アンジェラなども新サイトでご紹介しますね。

      どうぞ宜しくお願いします。
      よろしければまたお越し下さい^^

  2. 草津 より:

    すごく参考になりました!

コメントを残す

*