皐月のすぎる頃に紹介する今後の予定|店長日誌11回目

  • Pocket
  • LINEで送る
長崎ハウステンボスのバラ園の様子を写した写真。中央には五感で楽しむ薔薇の専門店ローズフェスタ店長の花田昇崇が写っている。

こんにちは。ローズフェスタ店長の花田です。

本日は2016年5月31日です。もうすぐバラの最盛期の5月(=皐月)が終わりを迎えますね。近年の5月といえば、ひと昔前とは異なり、夏日(気温25℃)を迎えることが通常となりもはや初夏の季節と言うべきと思うほどに夏を意識しはじめる頃合いに感じています。春のうららかさなどは一夜のうちにたまゆらの彼方へ吹き去る五月の風は春の余韻に浸る暇も与えてくれません。

初夏を意識させる五月晴れの空の下、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 

Sponsored Link

 

ご挨拶

などと改まった表現ではじまった店長日誌11回目です。

バラに関する内容をお届けしていると、なんだか知らず知らずのうちに表現がかしこまっていることに気づきます。かねて書いた通り、この店長日誌はくだけた表現でまったりと進めていきたいものです。

さて、思いつくまま書いていく(と以前宣言した)店長日誌ですが、11回目は何をお届けしようかなと考えていました。

11回目は、ここ五感で楽しむ薔薇の専門店 広場の更新間隔についての紹介や当面の予定記事、そして本店であるローズフェスタの新商品の案内などをお届けしようかなと思います。

 

広場の更新間隔

今のところこの広場の更新回数は月に2~3回程度となっています。

とてもありがたいことに定期的に幾度もご覧いただいている方がいるため私としてもなんとか更新頻度を多くしていきたいなと思っているところです。

記事のクオリティーの問題

遠方への取材系の記事や独自の写真を大量に使う記事が多いことからこれらに要する下準備の時間がけっこう長くかかります。記事の内容を薄めにすれば頻度を増やすのは簡単になるんですが、ひとつひとつの記事毎にご覧になった方が納得・満足できる内容を確保したいと思うことから一定量のボリュームを伴った記事を公開したいと思うのです。

これまで公開した中では『バラ初心者の品種の選び方。あなたに最適なバラを探す4基準』や『ばらの街・福山市でバラ園づくり』などは文字数にして1万に迫るボリュームなので、「ちょっとこれは長いかも…?」とは思ってます。ただやはり3000文字以上は基本的に維持しようかなと思っています。かねて常々思っていたことですが、「え!もう終わりなの!?」みたいな消化不良の記事がネット上はあまりにも多いなーと私が感じていたからで、文字数が少ないとやはり内容がスカスカになりがちですからね。(もちろん、短文で真に迫る良文もあります。)

一定のクオリティーを維持しようとすれば、更新間隔を「○○日に一度」と規定すると中身を伴わない場合が生じ得ます。この広場専任のスタッフがいれば更新日時を定めることも可能でしょうが、そうではありませんので。そのようなことから記事のクオリティーを維持するため、「これなら公開しても大丈夫」と思える内容が整ったときに公開するのが広場運用の原則にしたいと思っています。

広場更新タイミング(の目安)

広場選任スタッフが整っていない現時点での更新周期ですが、現在は店長の私が広場の投稿コンテンツすべての写真と記事を手掛けていることから更新タイミングはおおむね10~14日(2週間)に1度が目安だろうと思っています。

文章構成や執筆作業は早くまとまるのですが、写真を用意するのに時間がかかっています。目安としての更新周期は2週間ですが、なるべく短いタイミングで公開できるように更新回数を高めていきたいと思っているところです。

  • 基本更新周期:月2回程度(維持したいライン)
  • 目標更新周期:月3~4回。できればシュウイチ!

といった感じです。

今月は6本更新しましたが、睡眠時間を削りに削ってなんとかいけました(笑)

 

更新予定のコンテンツ量

さて更新回数を高めていきたい理由は、紹介していきたいコンテンツ数が多いからです。今後公開したい内容・タイトルの下書きを書き連ねているのですが、今の時点で140個くらいになっていました

約2週間周期で更新していたらいったい何年かかるのやら。。。いや、頑張らないといけませんね!目指せシュウイチ!

 

当面の公開予定記事

140個ほどある更新予定記事のうち、直近に公開していく予定のある内容について軽く紹介しておきます。

バラ園紹介の記事

RSKバラ園』、『福山市ばら公園』の記事に引き続き、各地のバラ園紹介コンテンツを追加します。

各地のバラ園紹介・1

まず、以下の写真をご覧ください。これはとある山の頂上にある展望台での写真ですが、ここは遥か彼方まで見渡せる360度パノラマの絶景スポット。海と空との境界線がわからないほどの澄み渡る景色を角度を変えてご覧いただこうと思ってます。空と海を満喫できる地に咲くバラ園を紹介します。

愛媛県今治市吉海町にある標高307mの地にある亀老山展望公園の写真。眼下には来島海峡をまたぐ来島海峡大橋が一望できる。

予告写真:標高307mの地から望む空と海の境界線

関連記事:『よしうみバラ公園|汐風にそよぐ海峡の眺望。しまなみ海道のバラ園|愛媛県今治市

各地のバラ園紹介・2

更新時期が少し遅めになる可能性もありますが、世界有数のバラ園についても紹介します。大規模に展開されているので言うまでもなく見事な場所です。有名な場所なので詳細な紹介はかえって野暮かも知れませんね。簡潔にお届けできたらと思っています。

長崎ハウステンボスのバラ園の様子を写した写真。中央には五感で楽しむ薔薇の専門店ローズフェスタ店長の花田昇崇が写っている。

園内でカメラを構えようとしている私花田

関連記事:『後日更新予定』

品種紹介の記事

当面は2,3品種の紹介を予定しています。そのうちの1つがこちらです。あるバラの収穫写真です。

長年の人気品種。バラ「ジュリア(ジュリアスローズ)」の開花写真。五感で楽しむ薔薇の専門店ローズフェスタ所有のバラ園内にて撮影。

私の栽培したあるバラの収穫写真。波打つ花弁とシックな花色が大人気で特に女性の支持が厚い。栽培が難しいことでも有名。

波打つ花弁とシックな花色が美しい品種です。どの品種かおわかりの方はいらっしゃいますでしょうか。このバラの栽培実感を予定しています。

関連記事:『すらりと伸びた枝先にふわり波打つブラウンの花。バラ[ジュリア]の栽培実感

バラ栽培記事の追加

バラを栽培していると様々な悩みにつきあたります。これまで『2つの視点で見るバラの水やり』や『芽かきを行う3つの目的』などを紹介してきました。

これらの他にも栽培にあたって知っておいた方が良い知識はたくさんあります。私が独自に考案した方法などを交えて紹介していこうと思っています。水やりの具体的な方法や厄介な病害について2,3記事を公開するための準備を進めているところです。

そして日々数百人の方に読まれている人気記事『バラ初心者の品種の選び方。あなたに最適なバラを探す4基準』の具体的な内容を紹介する続編記事も執筆中です。この続編によってようやく本編となる4基準の記事内容が具体的なものとなります。内容自体は簡潔な紹介にとどめる予定ですが、バラの初心者の方には有益な情報になると思っています。

楽しみにお待ちください。

公開:初心者必見!4基準から導くおススメの『木立ち性』バラ10選

公開:初心者必見!4基準から導くおススメの『シュラブ』ローズ10選

 

ローズフェスタ新商品のご紹介

ここからは『五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタ』本店で取り扱いをはじめた新商品について紹介します。これからは商品の宣伝です。当店は厳選した商品を扱う薔薇の専門店ですが、今から紹介する商品はそのなかでも特にクオリティーの高い商品で、暮らしの様々なシーンに活躍できるものです。とてもおススメなのでよろしければお使いになってみてください。

1.視覚と嗅覚で楽しむディフューザー

ディフューザー/botanical/ドライフラワー・フレグランス・ディフューザー/150ml/インテリア/バラ雑貨

ドライフラワーが入っているディフューザーなので、ひと目につく場所に飾るのが最適です。ローズの香りの他に3つの香りがあります。

製品情報はこちら。ディフューザー/botanical/ドライフラワー・フレグランス・ディフューザー/150ml/インテリア/バラ雑貨

販売価格:3,780円(税込)

2.ダーズンローズとは?大切な人に贈りたいアロマライト

アロマライト/ブーケ・ド・ローズ/花束のレリーフが刻む上品であたたかな調光式白磁ライト/インテリア/バラ雑貨

製品情報はこちら。アロマライト/ブーケ・ド・ローズ/花束のレリーフが刻む上品であたたかな調光式白磁ライト/インテリア/バラ雑貨

販売価格:5,940円(税込)

3.

グラス/フィンローズ/FinRose/クラシカルで大人かわいいフリーカップ&タンブラー/キッチン雑貨バラ雑貨

製品情報はこちら。グラス/フィンローズ(FinRose)/クラシカルで大人かわいいフリーカップ&タンブラー/キッチン雑貨/バラ雑貨

販売価格:1,080円(税込)より。

 

この他にも様々な商品を扱っております。ぜひご覧になってみてください。

 

まとめ

さて、いかがだったでしょうか。

本稿では広場の更新周期や今後公開予定の記事や本店の新商品情報を紹介してきました。

最後に、店長日誌11回目は10回目から随分間隔があいてしまいました。10回目ではバラ園づくりに取り組んでいる様子も紹介しました。できれば新たなバラ園づくりの様子も紹介したかったのですが、それは次稿に譲りたいと思います。

今後とも五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタをよろしくお願いします。

それでは皆様、また!次回店長日誌12回目でお会い致しましょう。

 

  • Pocket
  • LINEで送る

バラに包まれる暮らしの提案。『五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタ』でバラ体験

数千年の昔から我々を魅了し続けてきたバラは限りない魅力に包まれています。

見てよし、香ってよし、身に纏ってよし。そしてもちろんプレゼントの定番といえばバラ。

バラの楽しみ方はひとつではなく、使い方・楽しみ方はあなた次第です。

当店は“バラを視覚、味覚などの五感で楽しむ”ことをテーマにバラにまつわるアイテムを“厳選して”取り扱っているECショップです。

  • バラを実際に育ててみたい。
  • 手芸素材のバラを探している。
  • 食用バラ(エディブルローズ)に興味がある。
  • お洒落なバラ雑貨を探したい。
  • バラ柄のアイテムを探したい。

etc...

バラ好きのあなたにお届けするバラに包まれた暮らし、「五感で楽しむバラ体験」提案しています。

バラのことなら『五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタ』まで。

お気軽にご訪問ください。

 

 


バラ体験 五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタ ページに移動する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*