強い香りにうどん粉病への強さが魅力。バラ[フレグラントアプリコット]の栽培実感

  • Pocket
  • LINEで送る
フロリバンダローズ「フレグラント・アプリコット」の開花写真。五感で楽しむ薔薇の専門店ローズフェスタ所有のバラ園内にて撮影。

本稿はあんず色が美しいフロリバンダローズ[フレグラントアプリコット]の栽培実感を紹介しています。

バラをはじめて育てようとする初心者におススメの品種です。

 

Sponsored Link

 

品種情報

  • 分類:木立ち性・フロリバンダ
  • 開花サイクル:四季咲き
  • 花径:10㎝前後(春の一番花基準)・中輪
  • 樹形・樹高×横張り:半直立.1.1×0.9cm
  • 黒星病の耐性:やや強い
  • うどん粉病の耐性:強い
  • 樹勢:やや弱い~普通

[参考:バラ大図鑑修正。私の栽培実感を加味]

 

フレグラントアプリコットってどんなバラ?

フロリバンダローズ「フレグラント・アプリコット」の開花写真。角度を変えている。アンズ色が増している。

 

「フレグラント=良い香りの」+「アプリコット=あんず」

特徴は上のタイトルの通り、品種名がその特徴をよくあらわしてます。強い香りとあんず色の花色が魅力のバラです。

フレグラントアプリコットは香りの強さが魅力の一つですが、フロリバンダの中輪品種で香りの強い花というのは実は多くありません。大輪品種と比べてひと枝にたくさんの花がつき、その多くの花が香ってくるのは嬉しいですね。香りは「あっ、バラの花!」と誰もがイメージするダマスクのあの甘い芳香。香りの花はそれが1株手元にあるだけで毎日の気分を大きく変えてくれます。

 

花色・花もち・咲き方

ご覧のように、フレグラントアプリコットはとにかくかわいいつぼみが魅力。

 

フロリバンダローズ「フレグラント・アプリコット」の開花間際の写真。

 

思わずつかんで口に入れてしまいそうな、フルーツのようなつぼみ。まるで赤子のような、見ているだけで癒されるようなかわいいつぼみです。

 

フロリバンダのバラ「フレグラント・アプリコット」の開花写真。

咲きはじめの花色。

 

咲きはじめの最初の頃はこのように瑞々しく柔らかい弁質と花色。時間が経つと次第に中心の濃さが全体に広がっていきます。アプリコット色が全体に広がるとともに瑞々しさも徐々に落ち着いていきます。

やがてこのように落ち着いた色合いへと変化していきます。

 

フロリバンダローズ「フレグラント・アプリコット」の開花写真。あんず色が増している。

花名でもあるあんず色へ。

 

花もちは、時期と環境により左右されますが、おおむね4~1週間程度と比較的長く楽しむことができます。切り花にしても構いませんが、そうすると長く芳香を維持できないため、切らずに咲かせたままで楽しむのがおススメです。

そして、咲き終わりの頃の、散る間際の花姿はこのようになります。形は崩れますが、変わらず見事な芳香を放っています。

 

フロリバンダローズ「フレグラント・アプリコット」。花が散る寸前の写真。

咲き終わりの頃の花姿。

 

フレグラントアプリコットはフロリバンダ品種なので房となって咲きます。よく育った株については花が次々に上がってきます(多花性)。

多花性の品種はよく花を咲かせてくれるので、たくさんの花からの芳香で天然の香水に囲まれた気分に浸ることができるでしょう。たくさんのバラに包まれた暮らしは心を落ち着かせ、気持ちを豊かにしてくれます。

 

棘(トゲ)の特徴

大きくはっきりとした棘です。目視ではっきりとわかる大きさのため触れないように管理できます。気を付けていてもどうしても手に刺さってしまうような小さな棘ではありません。

 

Sponsored Link

 

フレグラントアプリコットの育て方・コツ

日照時間(直射日光の問題)

日陰でも育つ品種と言われているようです

どうなのでしょうか。私のところでは日陰環境下で1株だけ生育してみました。すると株は成長するものの花つきが良いとは全く言えない状況だったのが実感でした。やはり「日陰でOKな品種」とはっきりと言い切るのには少し抵抗があるのが率直な感想です。ですがこれは「1年間」でみた感想なので、2年3年と栽培期間を長めにみれば花つきも良くなるのかも知れません。

日照時間の多い環境で生育してみたところ他のバラ同様問題ありませんでした。

日照時間は1日のうち3時間程度あれば大丈夫でしょうしかし完全な日陰環境下であれば長い目で育てる気持ちが肝要です

なお、人間がそうであるように植物にも、そしてバラにも株ごとの個体差があります。テストした上記の株がたまたまそうだっただけという可能性もあります。ですので上記の私の実感は参考とするにとどめておいてください。

 

施肥量(肥料の問題)

植物を成育させるには、水と日光の基本栄養源の他に肥料が必要です。肥料を与えずとも株自体は大きくなります。けれども継続的に花を咲かせるためには肥料が不可欠です(四季咲き性品種の場合)。

フレグラントアプリコットの場合には、標準的な量よりも施肥(シヒ)量は多めにするのが良いでしょう。多くの花を咲かせる多花性品種はより多くのエネルギーを必要とします。例えば人間がハードなスポーツをすると激しく体力を消耗するように、植物も開花すると株内のエネルギーを大きく消費します。肥料でそのエネルギーを補い、スムーズに次の開花につなげるための手伝いをしてあげる必要があるのです。

施肥を怠った場合には、(株の成長具合によりますが)特にの場合には花が咲かなくなるケースがあります。エネルギー不足のためです。ローズフェスタでの昨年度調査では、施肥が少な目の鉢については同条件の他の品種のバラと比べて開花数が格段に少なくなっていました。そのため鉢栽培の場合には定期的な施肥を忘れないようにされてください。他方で、地植えであれば定期的な施肥は不要です。

 

灌水(水やりの量)

通常通りで構いません。

 

耐病性

耐病性というのは、バラの2大病である「黒星病」と「うどん粉病」の罹りにくさ(=強さ)を言います。耐病性の強さがこの品種の大きな魅力です。

 

黒星病への耐性

黒星病というのは水分を媒介して活動する菌で、一度感染するとバラの葉が次々と落葉していきやがて丸裸となって生長活動を大きく阻害する四季咲き性のバラの宿命の病気です。露地栽培などで葉が雨にあたる環境にあれば、耐病性が「普通」以下の品種であれば十中八九感染します。バラ栽培を難しくさせている元凶がこの黒星病です。降雨も灌水も、この病気の原因になります。

ですがご安心ください。フレグラントアプリコットはこの黒星病になかなかに強い(「普通~やや強い」)のです。多少は感染しますが、葉が丸裸状態にまで追いやられるケースは少ないでしょう。

このバラを初心者に“オススメして良い”一番の理由がここです。

 

うどんこ病への耐性

黒星病とは異なり、乾燥状態下でおこる症状がうどんこ病です。バラの観賞価値を著しく損なわせる恐ろしい病気で耐病性が「普通」以下の品種であれば、化学農薬の散布や手間暇をかけた特定防除資材を継続的に用いるなどをしない限り、この病気に悩まされ続けることになります。気がつけば、花や枝や葉のいたるところが白い粉(=菌)にまみれています。

ですがご安心ください。フレグラントアプリコットはこのうどん粉病にはっきりと強い(「強い」)のです。仮に周囲がうどん粉病の株に囲まれていたとしても容易に感染しません。また例え一部が感染したとしても株全体にやすやすと連鎖感染しません。この点が素晴らしい。

このバラを初心者に“おススメしたい“一番の理由はここです。

 

地植えで育てる

上で見てきたように耐病性に優れるバラですから地面に直接植えてしまえばあとの管理の手間暇は少なく済みます日ごろの灌水は不要ですし、施肥は植え付け時、又は冬の時期でも足ります薬剤云々もあまり考えなくて良いでしょう

スペースに余裕があれば地植えが手軽です。

 

鉢植えで育てる

フロリバンダローズ「フレグラント・アプリコット」の鉢栽培の様子。鉢が2つ。ともに10号鉢。

10号鉢のフレグラントアプリコットが2株。照り葉が美しい。当店では写真のような生育段階の株はすべてスリット鉢で育てている。

 

この品種は株としてのまとまりの良い樹形です。株が暴れず鉢のスペースに収まりやすいので鉢栽培にも適しています鉢で香りのバラを育てたい方には最適だと感じています。耐病性の強さがあるのではじめて鉢で育てる方にもおススメしています。

 

鉢のサイズ

この場合の鉢のサイズについては8号(直径24㎝。土の容量=約5.1ℓ)が基本的に良いでしょう。これを下回るとこの品種のポテンシャルが発揮されない印象です。できれば10号(直径30㎝。土の容量=約8.4ℓ)サイズを推奨します。上記の写真も10号サイズです。

なお、10号サイズは少し場所をとるので万人におススメするものではありません。可能であれば、という話です。8号以下だとうまく咲かないわけではありません。

 

 

本稿のまとめ

さて、いかがだったでしょうか。

本稿ではフロリバンダのバラ、フレグラントアプリコットがどのような花か、そして育て方のコツなどを私の栽培実感としてお届けしました。バラを楽しむその入り口として皆様におススメできる品種です。手がかからず簡単に香りを楽しむことができますよ。

本稿が皆様のより良い暮らしに役立てば幸いです。あなたもバラと一緒に暮らす生活を始めませんか?

 

写真・記事の無断掲載・転載を禁止します。

Sentence/All photos:花田昇崇

Copyright © 2015-2016 五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタ All Rights Reserved.

 

Sponsored Link

 

  • Pocket
  • LINEで送る

バラに包まれる暮らしの提案。『五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタ』でバラ体験

数千年の昔から我々を魅了し続けてきたバラは限りない魅力に包まれています。

見てよし、香ってよし、身に纏ってよし。そしてもちろんプレゼントの定番といえばバラ。

バラの楽しみ方はひとつではなく、使い方・楽しみ方はあなた次第です。

当店は“バラを視覚、味覚などの五感で楽しむ”ことをテーマにバラにまつわるアイテムを“厳選して”取り扱っているECショップです。

  • バラを実際に育ててみたい。
  • 手芸素材のバラを探している。
  • 食用バラ(エディブルローズ)に興味がある。
  • お洒落なバラ雑貨を探したい。
  • バラ柄のアイテムを探したい。

etc...

バラ好きのあなたにお届けするバラに包まれた暮らし、「五感で楽しむバラ体験」提案しています。

バラのことなら『五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタ』まで。

お気軽にご訪問ください。

 

 


バラ体験 五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタ ページに移動する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*