油性ペンでタグ・ネームプレート類を書くのがNGのワケ

  • Pocket
  • LINEで送る
プラスチック製のフラワー用のタグ・ネームプレート類は油性ペンで書くのがNGです。この写真はこのことをあらわした写真です。

バラを植えるとタグやネームプレートに品種名などを書いておく方が多いと思います。これらタグ類はおもにプラスチック素材であるため油性ペンに馴染みやい一方で、鉛筆では少し書きづらいですよね。

けれど、屋外において紫外線や風雨にさらされるプラスチック製のタグ類を油性ペンで書くのはおススメできません。鉛筆で書くようにしましょう

本稿は、プラスチック製のタグ類を油性ペンで書く不都合と鉛筆をおススメする理由を紹介しています。

 

Sponsored Link

 

油性ペンでプラスチック製のタグ類を書くのがNGのワケ

油性ペンは数年後に消える

結論から言うと、プラスチック製のタグ・ネームプレートを油性ペンで書くと数年後には綺麗さっぱりと消えてわからくなってしまいます

バラの品種名を記憶している限りは大丈夫でしょうが、複数株を育てている場合などには品種が不明になる事態にもなりえます。

露地環境は常に紫外線と風雨にさらされていますが、油性ペンはこの両方に弱いため、当初はくっきりと見えるものの1年程度たつ頃から徐々に薄れてきます私の経験では2年前後で目視が困難になるほど消えることを確認しています

(※なお、ビニールハウス内では2年経過後もほんの少し薄れはすれど消えるまでには至りません。ビニールハウス内は日差しが強いものの風雨は基本的にはありません。そのようなことから紫外線と風雨が併せて生じる露地環境が特に早く消えやすいのだと考えられます。この点から、仮に室内であれば2年程度で消えることはなさそうです。)

 

では、次に、どのように消えているかを確認しておきましょう。

 

油性ペンで書かれたフラワータグ。バラの品種「マーガレット・メリル」と書かれているタグが1つ写っている。書かれてから半年程度。雨露にさらされる露地環境に置いているが、半年程度経過した状態ではまだまだはっきりと文字をみることができる。

記載当初はくっきりと見える油性ペンだが時間が経過するにつれ・・・。

 

油性ペン&露地で1年~2年程度たったタグ類の見え方

フラワータグに油性ペンで「ヘクトル」(バラの品種名)と書かれている写真。風雨にさらされる露地で1年程度置いているタグが1つ写っている。書かれた文字は1年を境に徐々に薄れていっているのがわかる写真。

1年~1年半ほどたったタグ。まだ問題なく判別できる。

プラスチック製のフラワータグに油性ペンでバラの品種名を書き、その後、風雨にさらされる露地環境で1年半ほど経過した状態のフラワータグを撮影した写真。1年半前にタグに書かれた「クィーン・エリザベス」の文字はもうほとんど読めないほどに薄れているのがわかる写真。

1年~2年程度たってほとんど判別できなくなった「クィーン・エリザベス」と書かれたタグ。

 

おおむね1年~2年程度でこのようになっていきます。むろんあなたの周囲の環境条件により期間は多少前後するでしょうが、それでも3年もつことは少ないのではないかと思われます。

「2年内に消えるようだ。」との認識をもっておくのが良いでしょう

 

Sponsored Link

 

購入時に付属しているラベルもやがて消える

以下でご覧いただく写真はある品種のラベルで、露地栽培でタグづけをしたまま約3年程度が経過したものです。

透明フィルムでコーティングされた付属のラベルであっても安心はできません。以下のようになったラベルからはもはや品種名を読み取ることは困難です。

バラを購入した時点でついてくる品種名やバラの系統が書かれた品種ラベルの写真。2年が経過し、もはや何が書かれているか判別するのが困難となっている写真。

上部に「フロリバンダローズ」、下部に「ニコロ・パガニーニ」との記載がある。あなたはこれが読めるだろうか?

 

露地で約3年程度たつと品種ラベルもこのように読み取ることが難しくなり、ラベルだけでは品種不明になるリスクがあることを知っておきましょう。

 

バラ購入時に付属している品種名やバラの系統、栽培上の注意点などが書かれた品種ラベルの写真。この写真撮影時点で2年が経過し、どのような内容が書かれているか判別することが困難となっていることがわかる写真。よくよく目をこらせば「芳純」(バラの品種名)と書かれていることがかろうじてわかる程度に文字が薄くなっている。

3年程度のラベル。今はまだ品種名がわかるものの、消えてわからなくなるのは時間の問題。

 

不明になって慌てる前に鉛筆で書いておくのがおススメ

ご覧になったように油性ペンで書かれたタグ類(付属ラベル)は徐々に消えていきます。

そのため、品種が不明になってから慌てることがないように、最初から鉛筆で書いておくのが安全です。油性ペンと比べて鉛筆は紫外線(&風雨)による退色がしづらいので比較的安心できます。鉛筆は2Bなどの濃いめがおススメです。

プラスチック製のタグ類を油性ペンで書かれているあなたは品種が不明になる前に鉛筆で書き足しておくようにしましょう。

 

プラスチック製フラワータグ(ネームプレート)に黒鉛筆を使ってバラの品種「シャルル・ドゥ・ミル」と品種名を書いている写真。鉛筆を使うと、油性ペンで書いたときのようにはくっきりと見えないものの、紫外線に強いことから長時間経過しても消えづらいという長所がある。

鉛筆で書くと薄くて読みづらいのが欠点と言えば欠点。

プラスチック製フラワータグ(ネームプレート)に油性ペンと鉛筆を使ってバラの品種「シャルル・ドゥ・ミル」と書かれたタグが2つ写っている写真。

タグの表裏に油性ペンと鉛筆とで品種名を併記しておくのが良いかもしれない。日が当たる表側は油性ペン、陰になる裏側は鉛筆で、など。

 

本稿のまとめ

さて、いかがだったでしょうか。

プラスチック製のタグ・ネームプレートを油性ペンで書くことがNGである理由を紹介してきました。

本稿がより良い暮らしに役立てば幸いです。あなたもバラと一緒に暮らす生活を始めませんか?

 

写真・記事の無断掲載・転載を禁止します。

Sentence/All photos:花田昇崇

Copyright © 2016-2017 五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタ All Rights Reserved.

 

Sponsored Link

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る

バラに包まれる暮らしの提案。『五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタ』でバラ体験

数千年の昔から我々を魅了し続けてきたバラは限りない魅力に包まれています。

見てよし、香ってよし、身に纏ってよし。そしてもちろんプレゼントの定番といえばバラ。

バラの楽しみ方はひとつではなく、使い方・楽しみ方はあなた次第です。

当店は“バラを視覚、味覚などの五感で楽しむ”ことをテーマにバラにまつわるアイテムを“厳選して”取り扱っているECショップです。

  • バラを実際に育ててみたい。
  • 手芸素材のバラを探している。
  • 食用バラ(エディブルローズ)に興味がある。
  • お洒落なバラ雑貨を探したい。
  • バラ柄のアイテムを探したい。

etc...

バラ好きのあなたにお届けするバラに包まれた暮らし、「五感で楽しむバラ体験」提案しています。

バラのことなら『五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタ』まで。

お気軽にご訪問ください。

 

 


バラ体験 五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタ ページに移動する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*