接ぎ木4年大株の掘り起し作業。そこには驚異のクレーターが現れた!

  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。いつもご覧いただき有難うございます。

本稿は、我々が今年(2017年)の2月初旬に行ったバラの掘りおこし作業の様子を紹介します。接ぎ木4年を迎える大株となった地植えのバラを掘りおこした様子です。

バラの掘りおこしはモグラもビックリの重労働です。

どうぞご覧ください。

 

Sponsored Link

 

バラの掘り起しは冬に行う作業

よくよく考えて現在の場所に植えたバラであっても場所を移したくなったりすることもありますよね。

大地に根を張る植物の引越し作業は、バラにとって強制的に住処を移動させられる点で強い負荷がかかりますし、地中を掘り起こさなければならないことから我々にとっても重労働で大変です。

 

バラの掘りおこし(引っ越し)作業はに行うのが通常です

というのも、一般的に、バラは気温0℃を下回る日々が続くと生育活動を停止して「休眠」状態に入ります。

(※休眠に入る気温・条件は様々ありますがここでは深入りしません。)

この休眠期は、積極的に根が吸水活動を行っている生育期とは異なり、文字通りに休んでいる状態です。正確にいえばこの時期も根は最小限度の活動をしていますが、いずれにせよこの時期に掘りおこしをすることで惹起されるバラへの負荷を最小限度にとどめることができるわけです。

この休眠期であれば、根を切ったとしても引っ越し先でしっかりと再生して、枯れ込む可能性は大きくありません。

他方で、同様の作業をもしも春~秋のバラの生育期に行った場合には、引っ越し先で根付かないまま枯れていくことがままあります。吸水のための重要な根(吸水根など)を知らずに切ってしまうことなどが原因で、要するに生育期の根の切断はバラにかかる負荷が著しいということです

バラの引っ越しは必ず冬に行うようにしましょう

 

Sponsored Link

 

ローズフェスタ 冬の掘り起し作業の様子

2月初旬ころ、地植えからまるまる3年たった接ぎ木4年の大株を掘りおこしました。

3年の月日でバラは巨大な株になっていましたよ。

掘りおこし前の写真を撮り忘れてしまったので掘りおこし途中のものからです。

 

冬季とはいえ、できるだけ根を切らないように注意しながら掘り起こしています。

 

根を切らないように土を落としながら掘り進めていくと時間がかかります。

先に説明した通り、本来は休眠期には根をある程度切っても構わないのですが、なるべく残してみようとしています。

ただし、以下のような根はできれば切らないほうが良いですよ。

 

細根に照準があったってしまっていてぼやけてしまっていますが…、注視していただきたいのは私が手をあてている先の根。

人差し指の先の根をご覧ください。

指でつまんでいる根。まだまだ地中深くに伸びていることがわかる。

 

この根のように深く深く地中に入り込んでいる厄介な根はついつい切ってしまいがちですが、こういう特に面倒な根を大事に掘り起こすと移植先の定着がよりスムーズに進みます。

切るかどうかは人それぞれですが、バラのためにも私はなるべく残す方向で取り組んでいます。

 

細心の注意を払いつつようやく掘り起こした様子がこちら。

 

根を大事にしながら掘り起こしました。

 

さすがにすごい根ですね。拡大するとこんな感じです。

 

 

大きさを比較するものが身近になかったので掘りおこしに使ったスコップを背後に映してみました。

 

大きめのスコップと比べた写真。バラの大きさがよくわかる。

 

この株の掘りおこしは大人2人で行って約1時間~1時間半くらいかかりました。

けっこう良い運動になりましたね(笑)

 

ふと堀り穴に目を転じると、そこはまるでクレーターのように!

「隕石でも落ちたかな~」と他愛ない会話もとびだします。

 

 

写真撮影後はこの穴を埋め戻し、そして次の株の掘りおこしを続けます。

バラの掘りおこしを行った良く晴れた冬の一日でありました。

 

―おしまい―

 

本稿のまとめ

さて、いかがだったでしょうか。

本稿では我々が行ったバラを掘りおこした様子をご紹介してきました。

本稿がより良い暮らしに役立てば幸いです。あなたもバラと一緒に暮らす生活を始めませんか?

 

写真・記事の無断掲載・転載を禁止します。

Sentence/All photos:花田昇崇

Copyright © 2016-2017 五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタ All Rights Reserved.

 

Sponsored Link

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る

バラに包まれる暮らしの提案。『五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタ』でバラ体験

数千年の昔から我々を魅了し続けてきたバラは限りない魅力に包まれています。

見てよし、香ってよし、身に纏ってよし。そしてもちろんプレゼントの定番といえばバラ。

バラの楽しみ方はひとつではなく、使い方・楽しみ方はあなた次第です。

当店は“バラを視覚、味覚などの五感で楽しむ”ことをテーマにバラにまつわるアイテムを“厳選して”取り扱っているECショップです。

  • バラを実際に育ててみたい。
  • 手芸素材のバラを探している。
  • 食用バラ(エディブルローズ)に興味がある。
  • お洒落なバラ雑貨を探したい。
  • バラ柄のアイテムを探したい。

etc...

バラ好きのあなたにお届けするバラに包まれた暮らし、「五感で楽しむバラ体験」提案しています。

バラのことなら『五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタ』まで。

お気軽にご訪問ください。

 

 


バラ体験 五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタ ページに移動する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*