鉢植えとは違う、地植えの水やりの水量と年間の頻度

  • Pocket
  • LINEで送る
大型の鉢に植えたバラに水を与えている様子

日々の水やりは基本的には鉢植えに対して行うもので、地植えには原則として行いません。ただし地植えについても行う場合があります。

行う場合があるとは、地植えの水やりは常に行うわけではなく、必要なときに行う、という意味です。

本稿ではこの「必要なとき」について説明します。鉢植えとは違う、地植えの水やりの水量・年間の頻度について説明しています。

 

Sponsored Link

 

バラの水やりの基本

バラをはじめとする植物への水やりは簡単なようでいてなかなか奥深いものです。漫然と与えていると根腐れなどの症状で枯死に至ることも少なくありません。まず、基本をしっかりと守ることが大切です。

※以下の記事では「地植え」・「鉢植え」両方に共通する水やりの視点となる一般論を説明しています。

⇒ 2つの視点で見るバラの水やり|基本となる取り組み方

 

地植えに行う水やりの水量・年間の頻度とは?

原則として水やりが不要

地植えすると、原則として日々の水やりの必要がありません

この理由は、植物が育つ土中には必ず水分があり、そこに地植えすることでバラは地中で徐々に根を伸ばし、張りめぐらせた毛細管からバラ自ら地中から必要な水分を適宜汲み上げることができるためです。

そのため植物の生命活動に必要な水分が土中にある限り、これ以上に我々の手で水を地表に注ぎ込む必要は基本的にはありません。

ただし、上記のどこかに不足がある場合には人の手で潅水をしてあげることになります。例外として地植えに水やりを行う場合がこれにあたります。

 

2つの場合には例外的に行う

潅水するのは上記がうまくいかない場合に行います。

  1. バラ自ら地中から水分を汲み上げることができないとき
  2. 必要な水分が土中で不足している場合

この2つの場合です。

以下、この2つのケースを説明していきます。

 

バラ自らが地中から水分を汲み上げることができないときとは?

もっとも当てはまるケースが地中への植え付け後まもない時期です。

鉢やポットで育てられているバラはこの時点で鉢内やポット内で根が張られていますが、植え替え時には摩擦が生じてどうしても根に痛みが生じます。また、鉢やポットのこれまで育ってきた培養土と新しく地中に植える土も別物であることが通常です。

これらのことから植え付けまもない時期の潅水は、新たな環境にバラの根をなじませるための潤滑油としての意味合いがあります

 

この際に行う水やりの水量と年間の頻度は

  • 水量 : 植えつけ時の水量は、鉢を中心にバケツ1杯分の水。2回目以降はバケツ半分以下の量で充分。1回目以降の水量は同量でOK

 

  • の頻度 : 時間帯は昼間。植え付け時を含む1日~3日ほどが目安
  • 春秋の頻度 : 時間帯は午前中。植え付け時を含む3日~5日ほどが目安
  • の頻度 : 時間帯は夕方か早朝。植え付け時を含む1週間程度が目安

いずれも1日に1回で足り、根が土になじんだ以降の潅水は不要です

このように行いましょう。

 

なお、夏の頻度の目安から伺われるとおり、バラの地植えは夏に行ってもかまいません。バラの園芸本などで夏には植え付けを行わないように指導されている影響からか夏には地植えができないと思われている方がいらっしゃるようですが、少し工夫するだけで夏(真夏でも。)の植え付けも問題ありません。

バラの地植えは四季を通じて(フォーシーズンで)行うことができます。(※後日紹介します。)

 

Sponsored Link

 

必要な水分が土中で不足している場合とは?

当初より砂漠に植えつけたなどの極限的状況を除き、降雨のない状況などが通常これに当たります。

降雨のない状況とは、具体的には真夏に2週間~4週間(1ヶ月)前後まとまった降雨がない場合がこれに該当します。

2~4週間と幅を設けていますがこれは「土の質」や「気温」、なによりそのバラの生長具合が様々であるため一律には提示できないためです。なお、1~2週間程度は降雨がなくても潅水不要です。

 

ひとまず真夏に降雨が2~4週間前後ない場合には地植えにも水やりを行う、ということを知っておきましょう。

[追記]高植えをした場合には土中の水分が不足しがちになります。

 

本稿のまとめ

さて、いかがだったでしょうか。

本稿では地植えのバラには原則として水やりが不要であること、そして2つの例外ケースについて説明してきました。

本稿がより良い暮らしに役立てば幸いです。あなたもバラと一緒に暮らす生活を始めませんか?

 

写真・記事の無断掲載・転載を禁止します。

Sentence/All photos:花田昇崇

Copyright © 2016-2017 五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタ All Rights Reserved.

 

Sponsored Link

 

  • Pocket
  • LINEで送る

バラに包まれる暮らしの提案。『五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタ』でバラ体験

数千年の昔から我々を魅了し続けてきたバラは限りない魅力に包まれています。

見てよし、香ってよし、身に纏ってよし。そしてもちろんプレゼントの定番といえばバラ。

バラの楽しみ方はひとつではなく、使い方・楽しみ方はあなた次第です。

当店は“バラを視覚、味覚などの五感で楽しむ”ことをテーマにバラにまつわるアイテムを“厳選して”取り扱っているECショップです。

  • バラを実際に育ててみたい。
  • 手芸素材のバラを探している。
  • 食用バラ(エディブルローズ)に興味がある。
  • お洒落なバラ雑貨を探したい。
  • バラ柄のアイテムを探したい。

etc...

バラ好きのあなたにお届けするバラに包まれた暮らし、「五感で楽しむバラ体験」提案しています。

バラのことなら『五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタ』まで。

お気軽にご訪問ください。

 

 


バラ体験 五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタ ページに移動する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*