おススメの赤バラ|200種類以上から選ぶ品種の紹介

  • Pocket
  • LINEで送る
当サイトでおススメの赤いバラを紹介する記事で登場した4つの赤色系のバラの写真を4つ並べた写真。五感で楽しむ薔薇の専門店ローズフェスタにて作成。

赤色のバラを育ててみたいな。」とお考えのあなたへ。

本稿は、第1に色(カラー)に着目した品種の紹介です育てやすさ(≒耐病性)や人気も加味して選んだおススメしたい赤色系統のバラです

これから紹介するなかに、あなたにピッタリの赤バラがきっとあるはずです。

 

Sponsored Link

 

紹介している赤バラ

本稿で紹介する赤バラは、

  • 赤色
  • 赤黒
  • 赤紫
  • 朱色

などの“広い意味での”赤系統を紹介しています。

 

おススメの赤系統のバラ

約200品種の赤色系統のバラのなかから選んだおススメの赤バラを紹介していきます。樹形別の分類ではなく、色(赤系統)に着目した紹介です。

ご覧いただく写真の下部に、目安として「初心者最適」、「初心者向き」、「中級者以上向、「上級者向け」の4つの記載と、その品種のウリや特徴などについての筆者(私=花田)のコメントを付け加えています。

 

アンクル・ウォルター<クライミング>

分類上はハイブリッドティーだが日本国内ではクライミングローズとして扱われている定番の赤バラ「アンクル・ウォルター」の開花写真。

目安:中級者~ |ひと言メモ:長く愛されてきた定番のクライミングローズ

 

1963年作出と少し古い品種ながら長く愛されている赤のクライミングローズ。

肉厚で光沢のある花びらが特徴的。花形は剣弁高芯タイプ。

※「剣弁」や「高芯」をはじめとするバラの花形にはさまざまなものがあります。

⇒ 花びらと花のかたちで見る「花の表記」の読み歩き

アンクルウォルターは生育旺盛で、地植えにすれば大きく成長して多くの花をつけるようになる。ただし香りは微香程度と強くはない。

よく施肥管理をすれば枝が大きくなり、とげも多めなので誘引には注意されたい。

イギリスで作出された本品種の分類はハイブリッドティーとされているが、本国イギリスと比較して温かい日本ではクライミングとして扱われている。

開花は春が中心で、春以降は数が少ないものの開花する。(返り咲き程度。)

 

ウィリアム・シェークスピア2000<シュラブ>

イングリッシュローズ「ウィリアム・シェイクスピア2000」(シュラブ)の開花写真。強いダマスク香りが特徴。

目安:中級者~|ひと言メモ:食用バラとしても使える(ジャム用など)

 

イングリッシュローズの人気品種より「ウィリアム・シェークスピア2000」。

花色は単調な赤一色ではなく、赤に黒・紫が混じり、深みを感じる複合色。夏はやや色が薄くなる。

強いダマスクの香りを楽しむことができる香りのバラ。

花つきが良いので次々とつぼみをあげてくる。

耐病性(うどん粉病・黒星病)はともに「普通」程度なので、必須とまでは言わないものの、薬剤散布をしておけば安心。

開花サイクルは四季咲き。

 

※シュラブ樹形ってなに?と思われた方はこちらでこの樹形の特徴等をご覧いただくことで、より一層シュラブ樹形を楽しめるようになります。

⇒ シュラブ(S)ってなに?|樹形の特徴|シュラブ樹形がわかりづらい原因と多様な個性が集まる理由

 

オデュッセイア<シュラブ>

ロサオリエンティス品種「オデュッセイア」の春の開花写真。3輪うつっている。特徴的な赤色のなかに紫色が一部のる色合いがよくでている。五感で楽しむ薔薇の専門店ローズフェスタ、花田昇崇が撮影。

目安:初心者~|ひと言メモ:花色・香り・育てやすさの三拍子が揃った優秀な品種

 

ロサオリエンティス品種より、「オデュッセイア」。

花色よし、香りよし、対病性もほどほどに強く初心者の方にも育てやすい品種です。

詳しくは その花色に魔性が宿る。バラ[オデュッセイア]の栽培実感 をご覧ください。

 

クリムゾン・スカイ<クライミング>

LCL(ラージ・フラワード・クライマー)品種「クリムゾン・スカイ」の開花写真。

目安:初心者~|ひと言メモ:少し雨がしのげる軒下などで地植えするのが最もよい

 

クライミングローズ(つるバラ)として扱う「クリムゾン・スカイ」(LCI)。

花色は花名のままにクリムゾン(=濃く明るい赤色)。花色は退色しない。

樹勢が強く、また夏にも強いので年間を通してよく成長する。花つきと花もちも良いので建物の壁面やアーチなど広域を飾るのに向いている。

ただし、香りはあまりしない。

開花サイクルは弱い四季咲き(返り咲き~四季咲き)。

 

ザ・ダーク・レディ<シュラブ>

薄闇のなかでイングリッシュローズ「ザ・ダーク・レディ」が7輪咲きほこる写真。玉のような大輪の美しい花。五感で楽しむ薔薇の専門店、花田昇崇が撮影。

目安:中級者~|ひと言メモ:庭にあると映える。翼を広げるように横に広がるシュラブタイプのためスペースのある場所に地植えしたい

 

イングリッシュローズの赤系品種中の最高傑作のひとつと言われるのが「ザ・ダーク・レディ」。

ロゼット咲きの大輪(花径:約11cm)の花。春は写真のように一枝に房になって咲く。数多く咲きそろいながら、かつ一輪ずつが玉のような大輪の美しい花を咲かせる。

反面、先端付近の枝の細さのわりに花が重くなるためうつむき加減に咲く。ただし主枝はしっかりと太く育つ。

開花サイクルは四季咲き。

 

スカーレット・メディランド<シュラブ>

フランスのメイアン社が作出した朱赤系クライミングローズ「スカーレットメディランド」が写真一面に咲きほこる様子が見事。五感で楽しむ薔薇の専門店ローズフェスタ、花田昇崇が撮影。

目安:初心者~|一口メモ:特に庭の壁や垣根あたりを“横”へ這わせるのに向いている

 

分類上はシュラブ(S)だが、国内ではクライミング(つるバラ)として利用できる「スカーレット・メディランド」。

家の壁面やフェンスなどに誘引してクライミングとして扱うのが向いている。株に力がつけば写真のように一面を朱色に染め上げる。

花は小さくて可愛らしいが、小さい分だけ香りは少ない。

定期的な薬剤散布をしないと病気にかかるが、樹勢が強いためやられづらい。

開花サイクルは弱い四季咲き(返り咲き~四季咲き)。

 

フォール・スタッフ<シュラブ>

イングリッシュローズ「フォール・スタッフ」が房となって咲いている写真。五感で楽しむ薔薇の専門店、花田昇崇が撮影。

目安:中級者~|一口メモ:クライミングとして扱えるイングリッシュローズ。翼を広げるように横に広がるシュラブのため地植えがおススメ

 

イングリッシュローズでのレッド系・パープル系品種中の最高傑作ともいわれているのが「フォール・スタッフ」。

花色は深紅から徐々に薄いパープルへと変化していく。

大輪を咲かせる品種であり、かつ香りもほどよく強い。

クォーターロゼット咲き~シャローカップ咲きになる花形が特徴的。春は房咲き。

開花サイクルは四季咲き。

 

ニグレット<木立ち性・ハイブリッドティー>

1934年作出の比較的古いハイブリッドティー品種「ニグレット」の開花写真。ハイブリッドティーとしては珍しい中輪。

目安:上級者|一口メモ:黒バラの弱点はその黒さゆえに花びらが焼けやすい点にある。つぼみの段階から遮光してあげるのがこれを防ぐコツ

 

1934年作出の古いハイブリッドティー「ニグレット」は古典的な黒バラの1種類。赤みが強いのは春に撮影したためで、秋には黒みを増して黒バラとなる。

ハイブリッドティーとしては珍しく中輪。しかし弁質が厚いので花びら一枚々〃に豪華さがある。

香りは中程度のダマスク香。

開花サイクルは四季咲き。

※ハイブリッドティーってなに?と思われた方はこちらでこの樹形の特徴やバラ界における意義をご覧いただくことで、より一層ハイブリッドティー樹形が楽しめるようになります。

⇒ ハイブリッド・ティー(HT)ってなに?|樹形の特徴|モダンローズの誕生にまつわる歴史

 

Sponsored Link

 

ベルサイユのバラ<木立ち性・ハイブリッドティー>

ベルサイユのバラシリーズより、重厚な光沢が魅力の濃赤系の「ベルサイユのバラ」、その開花写真で2輪うつっている。

目安:中級者~|一口メモ:シリーズのタイトル名が付された意欲作

 

ベルサイユのバラシリーズより、魅力的な重厚な光沢と濃赤系の「ベルサイユのバラ」。

際立つのは花もちの良さで、季節により1週間ほど咲き続ける。ただし暑さには強くないので高温時には形が崩れる(写真参照)。

香りはほぼない(微香程度)。

樹勢が強くてよく生長することもあり、薬剤散布をせずに黒星病でやられたという話を聞かない。(黒星病への耐性:普通」程度。)

開花サイクルは四季咲き。

 

ポンデローザ<木立ち性・フロリバンダ>

中輪よりも少し小さな花をたくさん咲かせる朱色の木立ち性・フロリバンダローズ「ポンデローザ」が写真いっぱいに咲きほこる様子。樹形が強く大型化しやすい。株に力がつくと圧巻の花姿になる。

目安:中級者~|一口メモ:樹勢は強いが薬剤散布を行った方が良いかもしれない

 

中輪よりも少し小さな花をたくさん咲かせる朱色の木立ち性・フロリバンダローズ「ポンデローザ」。

花は小さいが樹形が強いため株自体は大型化しやすい。株に力がつくと周囲の目を引く見事なバラのカーペットが出来上がる。

香りはあまりしない(微香程度)。

開花サイクルは四季咲き。

※フロリバンダってなに?と思われた方はこちらでこの樹形の特徴をご覧いただくことで、より一層フロリバンダ樹形が楽しめるようになります。

⇒ フロリバンダ(F)ってなに?|樹形の特徴|枝の先端がブーケのように咲く品種の楽しみ方

 

ローズ・オオサカ<木立ち性・ハイブリッドティー>

緋色に近い鮮やかな鮮血色のバラ「ローズ・オオサカ」が大きく1輪うつっている写真。整った剣弁高芯咲きの花姿。五感で楽しむ薔薇の専門店ローズフェスタ、花田昇崇が撮影。

目安:中級者~|一口メモ:描かれてきた「赤バラ」のイメージそのままの花姿が美しい

 

緋色に近い鮮やかな赤色の「ローズ・オオサカ」。

バラらしい整った剣弁高芯咲きの大輪花。

写真の背後に蕾が見えるが、先端が房になりやすいため 側蕾 が有効。

鉢でも地植えでもいずれでも良いが、地植えだと左右に広くスペースが必要になる。

開花サイクルは四季咲き。

 

ロッティリア<シュラブ>

深みのあるローズレッドの花色が美しいシュラブローズ「ロッティリア」が写真いっぱいに咲きほこる写真。波状弁平咲きの花形をよく確認できる。五感で楽しむ薔薇の専門店ローズフェスタ、花田昇崇が撮影。

目安:初心者~|一口メモ:地植えにすると低い樹形に多くの花を咲かせるシュラブのため庭や花壇用に地植えするのに向いている

 

軽やかさと深みのある色合いが同居するローズレッドのシュラブ「ロッティリア」。

あまり手間暇をかけなくても育つ優秀なシュラブのため初心者にもおススメ。

多くの花をつけるが残念ながら香りはほとんど感じない(無香~微香)。

開花サイクルは四季咲き。

 

ルイ14世紀<オールドローズ(ハイブリッド・パーペチュアル)>

オールドローズ(ハイブリッド・パーペチュアル)「ルイ14世」が写真いっぱいに2輪開花している様子。黒バラと評される深みのある花姿。

目安:上級者|一口メモ:「ニグレット」と区別しづらいと言われる

 

オールドローズ「ハイブリッド・パーペチュアル」より、古き黒バラの「ルイ14世」。

約150年前の古い品種だが花色や香りについては古さを感じさせない。

もっとも耐病性や強さは現在の品種と比べれば大きく劣るので栽培の難易度は高くなる。

開花サイクルは四季咲き。

四季咲きオールドローズをお探しのあなたはぜひ。

 

ルージュ・ロワイヤル<木立ち性・ハイブリッドティー>

濃赤色の「ルージュ・ロワイヤル」が1輪、大きくうつっている写真。五感で楽しむ薔薇の専門店ローズフェスタ、花田昇崇が撮影。

目安:中級者~|一口メモ:切り花向きのステム(枝)と強い香り

 

濃赤色の「ルージュ・ロワイヤル」。

典型的なハイブリッドティーでステムが長く、その先に一輪の花を咲かせるため切り花に適する。しかも香りは強香。

ロゼット咲きの大輪花で、ロゼット咲きタイプの切り花観賞の楽しさを教えてくれた私の思い出の品種。

定期的な薬剤散布が必要だが、ぜひ育てることに挑戦してみて欲しいイチオシ品種。

開花サイクルは四季咲き。

 

(以上、五十音順で紹介)

 

その他の色合いの品種はこちら

ご覧いただいてきた赤バラ以外もまとめています。

  • 白バラ

おススメの白いバラ|200種類以上から選ぶ品種の紹介

  • 黄バラ

交錯する愛と憎しみの色。黄色いバラの紹介|100種類以上から選んだお勧め品種

  • オレンジのバラ

あなたと咲かせる絆の花。オレンジのバラの紹介|100種類以上から選んだお勧め品種

  • ピンクのバラ

美と幸せをとどける魔法のチカラ。ピンクのバラの紹介|400種類以上から選んだお勧め品種

  • 紫のバラ

冷静と情熱から生まれる神秘の色。紫のバラの紹介|50種類以上から選んだお勧め品種

  • アプリコットのバラ

『後日掲載予定』

 

バラを育ててみたいと思ったら

バラを育ててみたいと思ったあなたの手引きとなるのが バラ初心者の品種の選び方。あなたに最適なバラを探す4基準 という記事です。

あなたの環境や好みにあった最適なバラを探すための道案内をしています。

 

 

本稿のまとめ

さて、いかがだったでしょうか。

10品種以上の赤バラを紹介してきました。紹介数については今回のもので完結ということではなく、今後も適宜入れ替えや追加を行い、徐々に品種数を拡充していきたいと考えています

定期的に本稿をご覧になられると新しい発見があるかもしれません。

本稿が皆様のより良い暮らしに役立てば幸いです。あなたもバラと一緒に暮らす生活を始めませんか?

 

写真・記事の無断掲載・転載を禁止します。

Sentence/All photos:花田昇崇

Copyright © 2016 五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタ All Rights Reserved.

 

Sponsored Link

 

  • Pocket
  • LINEで送る

バラに包まれる暮らしの提案。『五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタ』でバラ体験

数千年の昔から我々を魅了し続けてきたバラは限りない魅力に包まれています。

見てよし、香ってよし、身に纏ってよし。そしてもちろんプレゼントの定番といえばバラ。

バラの楽しみ方はひとつではなく、使い方・楽しみ方はあなた次第です。

当店は“バラを視覚、味覚などの五感で楽しむ”ことをテーマにバラにまつわるアイテムを“厳選して”取り扱っているECショップです。

  • バラを実際に育ててみたい。
  • 手芸素材のバラを探している。
  • 食用バラ(エディブルローズ)に興味がある。
  • お洒落なバラ雑貨を探したい。
  • バラ柄のアイテムを探したい。

etc...

バラ好きのあなたにお届けするバラに包まれた暮らし、「五感で楽しむバラ体験」提案しています。

バラのことなら『五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタ』まで。

お気軽にご訪問ください。

 

 


バラ体験 五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタ ページに移動する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*