ねこのたぬきの成長記録|店長日誌9回目

  • Pocket
  • LINEで送る
猫画像です

こんにちは!店長日誌の9回目です。

ねこファンの皆様、大変お待たせいたしました。本日は店長宅の居候ねこ、「たぬき親分」を紹介します。

本稿は店長が趣味的に書いている箸休めの記事です。『あくまでも、ねこの記事です。』

バラはでてきませんが、たくさんのねこ写真がありますよ。今回は、ねこのたぬきの成長記録について、ゆる~~く、ご覧ください。

 

Sponsored Link

 

出会い

ある冬の、陽が沈みかけた頃に、野良ねこが我が家にやってきた。

真っ黒に汚れて今にも死にそうな様子のねこは、我が家が気に入ったのか、そのまま店長宅に住み着くこととなった。

(出会いの詳細・あらすじは『店長日誌4ページ目』をチェック。)

 

IMG_2048

居候当初のねこ。点を仰いでいらっしゃいます

 

居候を開始して以来、まるで生まれた頃から住んできたかのように、さも当たり前のように我が家で日々起居するねこ。

 

先輩?にあたる愛犬の「ジャル」(チワワ。オス。別名:おじゃ、おじゃる、おちゃ、おちゃま、おじゃくん、おちゃくん)ともケンカ一つせず、いぬとねことで毛づくろいまでする仲良しっぷり。

 

IMG_2046

 

IMG_2035

 

IMG_2047

 

いっしょに暮らしていくうちに元気になったねこですが、家を出ていく素振りは全く見せません。

そうなると、うちの飼いねことして「一緒に暮らすか?」となり、「名前を付けよう」となるのが自然の流れ。

 

よし!ねこ!お前の名前を決めよう!

 

ネコであり、タヌキである

ちょうど、お客様側から提案があった。「『ティアラちゃん』がいい!」とは小学生の女の子からの提案。

「ティアラ」・・・、なるほど、王女様の名前を彷彿とさせる高貴な感じのする、かわいらしいお姫様っぽい名前。

 

しかしちょっと待って。このねこ、そもそも男の子なの女の子なの?

見ると男の子のシンボルは見当たらないものの、ねこを飼ったことがない店長にはいまいち見分けがつかない。それに、小さな身体で食欲旺盛の姿がお姫様イメージとはどうにも重ならない・・・。

ここで天から名前がフッと店長めがけて降りてきました。

「これだ!お前の名前はたぬき丸で間違いない!」

閃いちゃったのです。

 

012

一生を決める決定がされた日もマイペースなたぬき丸。まるで「俺は眠いから眠るだけだし~。」と言ってるみたい

 

ともかく顔を見てると、ねこだけど「たぬき」って名前が一番シックリくる感じ。オスかどうかわからなかったのですが、たぬき丸!って顔をしてたんです、不思議と。

 

こうして野良ねこは「たぬき丸」という名前になり、家族の一員となりました。

(幼名「たぬき丸」。あだ名:たぬ、たぬちょ、たぬさん、たぬきち、その他無数のあだ名がある。)

 

後日、母が最寄りの獣医の下に検査に連れて行ったところ、「たぬき丸で正解です。」と言ったそう。オスということがこの時にわかりましたが、素人だと見た目だけではなかなかわからないものですね。この時点で生後3~4か月くらいとの見立て。

余談ながらこのとき獣医が「たぬき丸くんは頭がいいです。大事にしてくれる家を自分で見つけた。」とおっしゃっていたとのことでした。

 

「ねるねこ」はよく育つ

たぬが居候をはじめて半年くらいの間は、とにかくひたすらに食べて寝てました

夜はぐっすりと寝て、朝はキャットフードをたくさん食べて、すぐにまた寝て、

 

グ~ グ~

 

125

グ~グ~

 

起きるとすぐにまた食べて、ずーっと寝る、の繰り返し。

 

ビックリしたのがこれ!なんとトイレの上で寝ています!

 

080

「コラー!おじゃのトイレで寝るんじゃない!」

082

「たぬ、起きろー」

 

口を開けたままひたすら眠るたぬちょまったく起きません・・・。

 

109

夢の中で盆踊りでも踊ってる??

 

よほどトイレが気に入ったのかな?

 

749

 

この頃のたぬっちょは体調が悪いのかと心配するくらい毎日ずっと寝続けてましたけど、調べてみると子ねこは寝てる間に成長ホルモンがでて大きくなっていくそうなんですってね。

たぬちょ、大きくなるようにぐっすりとおやすみ~。

 

720

このあたりの写真は居候後半年程度経過した頃

 

昨年の夏くらいまでにかけてこのように眠る日々を送りつつすくすくと成長してきたのですが、身体の成長に伴って食事の量がとんでもないことになってきました!

 

驚愕の胃袋

順調に成長してきたたぬっちょですが、徐々に食事の量がとんでもないことになってきました!

尋常ではありません。ものすご~~く食べるんです。

どれくらい食べるかって、兄貴分のチワワのおじゃと比べて1日で7倍~10倍差くらい

居候当初(2014年11月末頃)の体重が1キロちょっとだったところ、居候から8か月経過した昨年(2015年)の夏には5キロを突破し、当初と比べて体重が5倍になりました!

 

たぬちょ、すごいわあ。。。

 

これ、子ねこの肥満防止用のダイエット食を食べさせてるんですけどね。。で、ご飯は常時与えておくのではなくて、都度与えるように食事量もコントロールしてるんですが。。

とにかく食いしん坊だからお腹がすけばなんでも食べます。それこそ、室内の観葉植物でもムシャムシャ食べます。

なので、「ちょっと、たぬに野菜を与えよう!」ということで刻んだ白菜を湯通ししたものをてんこ盛りして与えれば、残さずペロリです!

白菜だけをムシャムシャと。

マジか~!?と率直に驚きました。

ねこって白菜も食べるんですね!!(たぬだけ?)

ちなみに、味付け無しの湯通ししただけのワカメやホウレン草も食べます!

 

初陣

たぬちょに運動の必要性が増してきたこの頃、付近に謎のねこが出没するようになった。

謎のねこは、夏頃より突然に、そして深夜になると玄関前にピッタリとはりつくように居座るように。

順調に成長し、いよいよ元服(げんぷく)を間近に控えるまでに成長した「たぬき丸」には一足早い初陣(ういじん)の頃合いだったのかも知れません。

 

玄関越しに対面したたぬちょと謎のねこは、仲良く遊ぶではなく、門戸を挟んで「ふにゃ~~~!」「ふみゃーー!」と激しく口喧嘩をするようになりました。

領土争い(縄張り争い)の勃発です!(※家族・ご近所には大迷惑。)

この謎のねこは私が外にでると一目散に逃げるのですが、しばらくするとまた戻ってきて、同じように玄関に張り付くのです。目的は明らかにたぬ。

 

この時までにたぬちょはまったく外出をしてこなかったので、なぜ突然にやってきたのかいまいち理由がわからなかったのですけど、ともかくたぬちょも激しく応戦しています。

これは外にだしちゃダメだと思うわけですが、ある日の夜半に、家族の隙をついたぬちょが玄関からサッと外界へ向けて飛び出してしまいました

すわ!夜討ちか朝駆けか!?

と、冗談はさておき、突然の脱走に驚くとともにすぐに探したのですが、あたりは暗くて見つからず。ものの1時間後には何食わぬ顔で戻ってきたのですが、これ以降、たぬちょが外遊びを覚えてしまったのです。

本当は屋外へはだしたくなかったんですけどね。

「子は親の知らぬ間に成長する」とはよく言ったものです。外からやってきたたぬちょが屋外へでるようになるのは、もとより避けがたいことだったのかも知れません。

 

Sponsored Link

 

宿命の対決

いつの間にやら外遊びが大好きなねこになってしまった、そんなたぬちょと謎のねことの小競り合いは散発的に発生していたようで、時折「ふにゃ~!」という諍いの声が聞こえてきます。

おせっかいをして仲介に入ることもありますが、人間の仲介などしょせんは無意味で、すぐに繰り返されます。このねことばかりケンカします。

 

たぬきと対決する謎のねこを、便宜上「きつね」と名付けます。

 

たぬきときつねの口喧嘩は、やがて武力衝突(=合戦)へと拡大していきました。

この宿命の対決で、なんとたぬちょは敗北を喫してしまったのです。

409

ネコパンチ?で負傷した痛々しい姿のたぬちょ

 

快適な室内暮らし&白菜育ちのベジタブルキャットには、野生のきつねはあまりにも強かったのです。

 

この他の写真掲載は控えますが、これ以外にもかなり酷いケガもあり、即、アニマルホスピタルに直行し、この獣医より、治療とともに去勢の提案を受けました。

 

「去勢をすることで縄張り争いをしなくなりますよ。」

 

たぬちょがケガをせず暮らせるようにすることこそ一番。よくよく考えた上で去勢をすることとしました。

しばらくは療養第一です。

 

親分の名を冠するねこ

猫画像です

敗北によって野生の厳しさを学び、そして去勢によりオスの哀しみをその身に刻んで一回り成長したたぬちょ。貫録がでて、凛々しくなっています。(←2015年11月頃の写真。生後1年4か月くらい。)

立ち居振る舞い等の所作も大人ねこの風格を漂わせるようになってきました。四肢で大地をしっかりとつかみ、のっしのっしと力強く歩くその様は、もはや「たぬき丸」の幼名で呼ぶにはあまりにも不釣り合いな威風を感じさせます。

いよいよ元服の時期ではないでしょうか。幼名で呼び続けるのは彼に失礼といえます。(いや「彼」じゃないのかも知れませんけど。)

 

たぬき親分

 

それが新しいたぬちょの元服名(=大人ねこネーム)。

今にも倒れそうな野良ねこが1年数か月かけて無事に大人ねこに成長しました。たぬちょは新たな名前(役職?)である「親分」を授かり、次なるステージに向けて今日も歩を進めています。

 

最後に、たぬちょから一言。

 

7771

『 よんでくれてありがとうー。 』

 

NEXT:たぬっちょの記事は不定期で更新していきます。

 

Sponsored Link

 

  • Pocket
  • LINEで送る

バラに包まれる暮らしの提案。『五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタ』でバラ体験

数千年の昔から我々を魅了し続けてきたバラは限りない魅力に包まれています。

見てよし、香ってよし、身に纏ってよし。そしてもちろんプレゼントの定番といえばバラ。

バラの楽しみ方はひとつではなく、使い方・楽しみ方はあなた次第です。

当店は“バラを視覚、味覚などの五感で楽しむ”ことをテーマにバラにまつわるアイテムを“厳選して”取り扱っているECショップです。

  • バラを実際に育ててみたい。
  • 手芸素材のバラを探している。
  • 食用バラ(エディブルローズ)に興味がある。
  • お洒落なバラ雑貨を探したい。
  • バラ柄のアイテムを探したい。

etc...

バラ好きのあなたにお届けするバラに包まれた暮らし、「五感で楽しむバラ体験」提案しています。

バラのことなら『五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタ』まで。

お気軽にご訪問ください。

 

 


バラ体験 五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタ ページに移動する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*