初心者必見!4基準から導くおススメの『木立ち性』バラ10選

  • Pocket
  • LINEで送る
フロリバンダローズ「スーリール・ドゥ・モナリザ」の開花写真。ブリリアントレッドの色合いが眩しい。写真いっぱいに房となって咲いている様子。長崎ハウステンボスにて、花田昇崇が撮影。

本稿では バラ初心者の品種の選び方。あなたに最適なバラを探す4基準 で案内した基準を前提に、これを踏まえて新たにバラ栽培を始められようとする初心者の方でも簡単に育てられる品種を紹介します。これから紹介するバラは“総合的に強い”ので細々とした栽培上の知識やテクニックがなくても立派で綺麗な花を咲かせることができます。

今回扱う品種は3つに分類される樹形のうち、「ブッシュ樹形(=木立ち性)」の品種から10品種を選びました。この10品種は4基準をもとに選んだ私花田おススメのバラです。現時点におけるこれまでの私の総合的な経験に基づく独断と偏見での選別となりますが、初心者の方のバラ選びに有益な一助となるものと確信しています。

バラ栽培にはじめて挑む木立ち性のバラ最初の1株は紹介するなかから選べば間違いないはずです。強いブッシュをお探しのあなたは是非ご覧ください。

 

Sponsored Link

 

初心者はバラをどう選ぶ?

バラ初心者の品種の選び方。あなたに最適なバラを探す4基準 は、これまでバラを育てたことがない人を対象として、数万品種にものぼる数あるバラの中からどういった視点・基準によって最初の1株を探していけば良いのかという“いわば視点”について説明しています。まだの方はまずこちらを先に確認ください。長めの記事ですが、バラ選びの基本がわかります

 

木立ち性のバラ(ブッシュローズ)とは?

ハイブリッドティーフロリバンダミニアチュアの3つ、そして一部のオールドローズが木立ち性のバラ(=ブッシュローズ)に分類されますまた、本稿では私の考えでグランディフローラも木立ち性のバラに含めて扱います

4つの略称は以下です。

  • ハイブリッドティー = HT
  • フロリバンダ = 
  • ミニアチュア = Min
  • グランディフローラ = Gr

 

こちらの記事ではハイブリットティーとフロリバンダの特徴や魅力を紹介しています。

⇒ ハイブリッドティーってなに?|樹形の特徴|モダンローズの誕生にまつわる歴史

⇒ フロリバンダ(F)ってなに?|樹形の特徴|枝の先端がブーケのように咲く品種の楽しみ方

先にご覧いただくことで本稿をいっそうお楽しみいただけると思います。

 

初心者は必ずチェック!お勧めの木立ち性のバラ10選

では、花色麗しく香り高く、しかも耐病性にも優れた木立ち性のバラ10品種を紹介していきます

なお、各10品種の品種データの「芳香」「耐病性」に付した星マークは6段階評価としています。6段階中★が多いほど「強さ」をあらわします。

 

エリナ(Dckson,P)

ハイブリッドティーローズ「エリナ」の開花写真。2006年世界バラ連合「栄誉の殿堂入り」を果たした銘花。クリームイエローの花色が美しい。長崎ハウス展ボス園内にて、花田昇崇撮影。

分類:ハイブリッドティー(HT)

 

2006年に世界バラ連合の「栄誉の殿堂入り」を果たした世界的にも名の知れた銘花

クリームイエローの花色が美しい

エリナは黒星病とうどん粉病の両方に強い(=耐病性が強い)定期的に薬剤散布した方が安心だが、しなくても病気でやられることは少ない”ほぼ”無農薬栽培で育てることも可能

地植えにしてしまえば、あとはもう花がら摘みや剪定を適度に行うくらいですむのでおススメ

暑さと寒さの相反する両方の耐性を兼ねており、比較的寒い地域や暑い地域でも健やかに成長する(=耐暑性・耐寒性がある)

「微香~中香」と少し香りが弱いのが残念ながら、香らなくはない

既に定評もあり、総合的に見て初心者におススメできる品種

 

エリナ・4基準データ

  • 花色 : クリームイエロー
  • 芳香 : ★★☆☆☆☆ (微~中香)
  • 耐病性 : ★★★★☆☆ (うどん粉病&黒星病ともに「強い」)
  • 樹形 : 木立ち性・ハイブリッドティー

 

王妃アントワネット(MEILLAND)

京成バラ園の「ベルサイユのばら」シリーズより、ハイブリッドティー「王妃アントワネット」の開花写真。やや透明感のあるローズピンクの花色が美しい。長崎ハウステンボス園内にて花田上昇崇が撮影。

分類:ハイブリッドティー(HT)。花径13㎝。2011年発表

 

名作少女漫画「ベルサイユのばら」の登場人物の名を冠するシリーズより

やや透明感のあるローズピンクの花色は波状弁の花形と相まって鮮やかで洗練された美しさを感じさせる

王妃アントワネットの耐病性はかなり強く、薬剤とはほとんど無縁また、耐暑性・耐寒性もある

さらに、強いティーローズ系の芳香を放つ強香さを兼ね備え、おまけに花つきや花もちも良いなど、逆に欠点を探すのに苦労するほどの品種

樹勢も強いためよく育ち、半直立性なので場所も省スペースですむ。

ローズピンク系×耐病性×香り」のカテゴリーで鑑みるに、総合的にみてこの王妃アントワネットが最強クラスと言って良いかも知れない。比較的新しい品種ながら、右カテゴリーで私花田が最もおススメする品種。

花色に特段のこだわりがなければ、とりあえず王妃アントワネットから始めておけば間違いない

 

王妃アントワネット・4基準データ

  • 花色 : ローズピンク
  • 芳香 : ★★★★★☆(強香)
  • 耐病性 : ★★★★★★(うどん粉病&黒星病ともに「相当に強い」)
  • 樹形 : 木立ち性・ハイブリッドティー

 

ガーデン・オブ・ローゼズ(KORDES)

ピンクを含んだベージュ色のロゼット咲きのフロリバンダローズ「ガーデンオブローゼス」が満開を迎えている様子。愛媛県今治市のよしうみばら公園内にて花田昇崇が撮影。

分類:フロリバンダ(F)。花径9㎝。2007年発表

 

花色はピンク・ベージュ・アプリコットなどが季節により様々に発現する

ガーデンオブローゼズは、うどん粉病の耐性については「やや強い」程度であるものの、「黒星病」については「かなり強い」

爽やかなティー系の芳香があるが、微香~中香程度であるため強くないのがやや残念

花もちは良い

生長に時間がかかる品種で初期生長が遅い数年は1輪咲きになり花枝も短く、やや貧相に感じるきらいもあるただし年数を重ねることで株が育ち、株が育つことで花枝が伸び、花も3~5輪の房となって咲くようになる

コンパクトにまとまる樹形のため鉢でも地植えでもどちらでも良いが、できれば地植えにして修景バラのように扱うのが良い。若い株のうちは多くの花を求めすぎず、数年単位の長い目で育てるのがガーデンオブローゼズという品種と向き合うコツ

 

ガーデンオブローゼズ・品種データ

  • 花色 : ピンク~ベージュ
  • 芳香 : ★☆☆☆☆☆ (微香)
  • 耐病性 : ★★★★★☆ (うどん粉病は「やや強い」。黒星病は「かなり強い」。)
  • 樹形 : 木立ち性・フロリバンダ

 

スーリール・ドゥ・モナリザ(MEILLAND)

フロリバンダローズ「スーリール・ドゥ・モナリザ」の開花写真。ブリリアントレッドの色合いが眩しい。写真いっぱいに房となって咲いている様子。長崎ハウステンボスにて、花田昇崇が撮影。

樹形:フロリバンダ・開帳型(ドームのような形),1.5×1.5m。花径:10㎝。2008年発表

 

モナリザの微笑みを意味する花名。

ひときわ眩しく輝くブリリアントレッドの花色がギュッと集まる房咲き品種。

スーリール・ドゥ・モナリザの耐病性は強く、うどん粉病に「強く」、黒星病には「かなり強い」。薬剤散布に煩わされることは少ない。

芳香が極めて薄いのが残念。ただし全く香らないというほどはない。

花つきよく、かつ花もちの良さは群を抜くほど。わりと大型に育つ点と雨によるシミができづらい点から露地栽培に適する。鉢はあまりおススメしない。

枝はしなやかで、それでいてよく伸びるのでシュラブに近い特徴がある。寒さと暑さに強い(耐寒性・耐暑性)。

無農薬栽培のできる赤バラをお探しならこちらがおススメ

 

スーリールドゥモナリザ・4基準データ

  • 花色 : ブリリアントレッド(赤系統)
  • 芳香 : ★☆☆☆☆☆ (無香~微香)
  • 耐病性 : ★★★★☆☆ (うどん粉病は「強い」。黒星病は「かなり強い」)
  • 樹形 : フロリバンダ・日本の環境下ではややシュラブに近い

 

ノヴァーリス(KORDES)

ブルー系のフロリバンダローズ「ノヴァーリス」の開花写真。2つの開花写真のアップ画像。長崎ハウステンボス内で花田昇崇が撮影。

分類:フロリバンダ(F).花径約10㎝.2010年発表

 

従来は、「ブルー・ムーン」や「ブルー・ナイル」などブルー系統のバラは耐病性の弱い品種が多いというのが一般的な認識

そのようななかで、青味がかった色味をもつバラの中で「最強」と謳われるのがこのノヴァーリス

うどん粉病の耐性については「やや強い」程度であるものの、「黒星病」については「かなり強い」屋外で地植えしているとノヴァーリスの成績優秀ぶりに目を見張るばかり。

強い「ティー」の芳香があり香りの点でも申し分がなく、また、わりと寒い地域でも順調に生育する(=耐寒性あり)との話も伝え聞く。

青味がかったバラを所望するなら、まずはノヴァーリスを第一に推しておきたい

 

ノヴァーリス・4基準データ

  • 花色 : 藤色
  • 芳香 : ★★★★☆☆ (強香)
  • 耐病性 : ★★★★☆☆ (うどん粉病は「やや強い」。黒星病は「かなり強い」)
  • 樹形 : 木立ち性・フロリバンダ

 

ノスタルジー(TANTAU)

ハイブリッドティー「ノスタルジー」の開花写真。4花が満開を迎えている様子。長崎ハウステンボス園内にて、花田昇崇が撮影。

分類:ハイブリッドティー(H)。花径12㎝。1997年発表

 

クリームホワイトの中心を外側の赤い花弁が包み込むダブルカラー強い日差しで赤味が強くなる先端が房になって咲く

うどん粉病と黒星病の耐性がともに「強い」定期的に薬剤散布した方が安心だが、しなくても病気でやられることは少ない”ほぼ”無農薬栽培で育てることも可能

花つきが良いので次々と咲きやすい花もちも良いただし、さほど花枝が長くはならないので切り花に適するとまでは言えない

半横張りに育つが比較的コンパクトにまとまる。鉢植えでも地植えでもどちらでも良いが、私は日向で地植えにするのをおススメしている

注意点は小さなとげが多いこと手袋なしで触れると危険なので皮手袋が必須

 

ノスタルジー・4基準データ

  • 花色 : 中心のクリームホワイトを包む外側の赤色(ダブルカラー)
  • 芳香 : ★★☆☆☆☆ (微香~中香)
  • 耐病性 : ★★★★☆☆ (うどん粉病&黒星病ともに「強い」)
  • 樹形 : 木立ち性・ハイブリッドティー

 

ビブ・ラ・マリエ!(MEILLAND)

ハイブリッドティーローズ「ビブ・ラ・マリエ!」の開花写真。純白の剣弁抱え咲きで強い芳香がある。長崎ハウステンボスにて、花田昇崇が撮影。

分類:ハイブリッドティー(HT)。花径12㎝。2010年発表

 

純白の花色がまぶしい美麗な品種。

ビブラマリエ!は、白バラでありながら黒星病とうどん粉病の両方に「かなり強い」のが最大の特徴。白系統は病気に弱い品種が多く、そのなかでこの強さには眼を見張る。薬剤とはほとんど無縁。香りの強さも魅力

地植えにしてしまえば、あとはもう花がら摘みや剪定を適度に行うくらいでほとんど手がかからない

ステム(茎)が長く、切り花としても楽しめるしかも花もちも良い庭で収穫した純白の切り花を食卓などに飾ることができるのは何より楽しい

暑さと寒さの相反する両方の耐性を兼ねており、比較的寒い地域や暑い地域でも健やかに成長する(=耐暑性・耐寒性がある)

ビブラマリエ!も欠点を探すのに苦労するほど優れた品種で耐病性の強い木立ち性白バラを探すならこれを選んでおけば間違いない。白バラが好きなら必ず1株は手元に置いておきたい。

 

ビブラマリエ!・品種データ

  • 花色 : 純白
  • 芳香 : ★★★★☆☆ (強香)
  • 耐病性 : ★★★★★☆ (うどん粉病&黒星病ともに「かなり強い」)
  • 樹形 : 木立ち性:ハイブリッドティー

 

ボレロ(MEILLAND)

フロリバンダローズ「ボレロ」の開花写真。スノーホワイトの花色と溶けそうなほど柔らかい花弁が織りなす繊細さが美麗な花。長崎ハウステンボスにて、花田昇崇が撮影。

樹形:フロリバンダ・半横張り,1.8×1.0m。花径10㎝。2004年発表

 

スノーホワイトの花色が柔らかにふんわりと重なる花弁を照らし繊細な表情を形づくる優しい花形。春の花には写真のように中心にうっすらとピンクがのる。ロゼット咲き。

ボレロの耐病性は強く、うどん粉病に「強く」、黒星病には「かなり強い」。

フルーティな香りにわずかにスパイシーがひそむイタズラな香り。この強香さに思わずため息が漏れる。

花つきが非常に良く、しかも花もちも良い。暑さ寒さの両方に強い(耐寒性・耐暑性)など、ボレロもまた短所を探すのに苦労するほど。

ビブラマリエ!につぐおススメしたい木立ち性・白バラの2トップ

ビブラマリエ!との主な違いは、耐病性が若干劣る点と、香りがより強く、そして繊細で柔らかな花弁にある。

 

ボレロ・4基準データ

  • 花色 : スノーホワイト
  • 芳香 : ★★★★★☆ (強香)
  • 耐病性 : ★★★★☆☆ (うどん粉病「やや強い」。黒星病「かなり強い」)
  • 樹形 : フロリバンダ

 

ファースト・インプレッションSproul,J)

広島県福山市に所在する「福山ばら公園」内に咲くシュラヴローズ「ファースト・インプレッション」の写真。ライトアップされ浮かび上がる黄色の花色が幻想的で美しい。

分類:フロリバンダ(F)。花径6cm。2009年発表

 

本国アメリカでの分類上はフロリバンダだが、我が国ではミニバラ(ミニアチュア)として流通している。 

咲き進むにつれて柔らかい黄色から薄いクリーム色へと変化するグラデーションカラー

ファーストインプレッションはうどん粉病への「強さ」もさることながら、黄色系は黒星病に弱い品種が多いなかで黒星病耐性が黄色系最強と思われるほどに「かなり強い」のが特徴

 花つきがとても良く、同時に花もちも良いミルラの香りもある(中香)

ミニバラとしても扱われるため、樹形はもちろんコンパクト。鉢でも地植えでも構わないが、おススメは背丈の低さを生かして通路の足元を飾るように地植えすること

耐病性の強い木立ち性の黄色バラを探すならこれを選んでおけば間違いない 

 

ファーストインプレッション・4基準データ

  • 花色 : 黄色~薄いクリーム色
  • 芳香 : ★★★☆☆☆ 中香
  • 耐病性 : ★★★★☆☆ (うどん粉病は「強い」。黒星病は「かなり強い」)
  • 樹形 : 木立ち性・フロリバンダ

 

ラ・パリジェンヌ(DELBARD)

ハイブリッドティーとフロリバンダの交配から誕生したバラの分類グランディフローラのバラ「ラ・パリジェンヌ」の開花写真。大輪の花が房となって咲くのが特徴。長崎ハウステンボスにて、花田昇崇が撮影。

分類:グランディフローラ(Gr)。グランディフローラはハイブリッドティーとフロリバンダを交配させた新分類。花径10㎝。2009年発表

 

ハイブリッドティーとフロリバンダの交雑種(=グランディフローラ)は両系統の特徴を併せ持ち、非常に強健な系統として知られる

ラ・パリジェンヌは薄いピンク色を基調とした花弁に、黄色やオレンジ色がそれぞれの色調を保ったままで混在する、いわば“独立共存”の花色が気高い花弁は波打ち、品がある

うどん粉病と黒星病の耐性がともに「強い」定期的に薬剤散布した方が安心だが、しなくても病気でやられることは少ないので安心して良い

香りはフルーツ系の強香なのも嬉しい

株は直立性でまとまりの良い樹形のため、鉢でも地植えでもどちらでも構わないただし、初期は花数が多くなりづらいきらいがあるため、地植えをおススメしておきたい株がよく育てば四季咲き性が強いため再三咲くようになるとげは少ない

なお、他のグランディフローラとしては、「クイーン・エリザベス」(1979年.栄誉の殿堂入り)がこの系統に含まれるクイーンエリザベスは耐病性が「普通」程度であり薬剤散布が必要だが、樹勢が強いため消毒なしでも生き残りやすいことで知られる

 

ラ・パリジェンヌ・品種データ

  • 花色 : 黄色・ピンクの花弁にオレンジ色のグラデーション
  • 芳香 : ★★★★☆☆ (強香)
  • 耐病性 : ★★★★☆☆ (うどん粉病&黒星病ともに「強い」)
  • 樹形 : 木立ち性・グランディフローラ

 

Sponsored Link

 

補足。10品種はこうして選ばれた。選抜基準について

さて、これまで10種のバラをご覧いただいてきましたが、最後にこれらをどのようにして選んだのかについて説明しておきます。

そもそも4基準とは、「花色」・「香りの強弱」・「耐病性の強弱」・「樹形」の4点を総合的に見て決めようということでした。本稿で紹介してきた10品種は、4基準のうち「樹形」が木立ち性(ブッシュ)のものを扱いました。他の3基準は以下のように選んでいます。

  • 花色―赤~白~青~黄色などのオーソドックスな基本色が中心
  • 香り―なるべく香りの強い品種
  • 耐病性―なるべく耐病性の強い品種

このうち花色については全くの個人の好み次第ですから、なるべく幅広く異なる色合いから選ぶようにしました。

主観的な花色と異なり、やや客観的に他との比較で決めることができるのが「香り」と「耐病性」の強弱の2点です。そこで約500種類の木立ち性のなかから、「香り」×「耐病性」の2点の総合点が高いと私の考える品種が本稿で登場したバラになります

(※じつは香り自体にもバラには7つの分類があります。しかし分類の点は本稿では除外し、あくまでも「強弱」の視点で選んでいます。)

 

 

本稿のまとめ

さて、いかがだったでしょうか。

本稿では木立ち性のバラのなかから手間暇がかからない初心者おススメの品種を10種紹介しました。これら10種であれば病気に心を煩わされることなく純粋にバラの楽しみに触れることができるでしょう。「バラの品種は多すぎてどの品種を選べば良いかわからない!」といった方はこれらから最初の1株を選んでみてください。

 

なお、本稿では品種を絞り10品種の紹介にとどめましたが、それは多すぎるとかえって迷いを生じさせてしまいかねないことを危惧したためで、初心者の方を対象とした記事では数を絞って最小限度にとどめた方が良いと考えたからです。今後の展開として現在想定していることは、時期を見て品種をさらに10種追加して「20選」とするか、あるいは別記事を設けてそこで他のおススメの木立ち性品種を紹介するなど、いずれにしても何らかの形で木立ち性品種の追加をしていきたいと考えています。

 

また、勘の良い読者の方には既に予想がついているかも知れませんね。今回「木立ち性」を扱ったことから今後は他の残る2つの樹形についても各10品種の紹介コンテンツを予定しています。

 

樹形ごとに各10品種ずつ選抜し、合計30選の具体的な品種紹介をもって、ようやく バラ初心者の品種の選び方。あなたに最適なバラを探す4基準 はひとつのまとまりのあるコンテンツとして完成を迎えることができます。右記事はやや抽象的な内容であったため、初心者の方にとって真に有益なコンテンツとなりうるには提示した4基準を具体化する続編のコンテンツが必要だったからです。なるべく早く更新したいと思っています。楽しみにお待ちいただければと思います。

 

以上、本稿は4基準に基づき初心者が最初に選ぶべき具体的な木立ち性品種について紹介しました。

本稿が皆様のより良い暮らしに役立てば幸いです。あなたもバラと一緒に暮らす生活を始めませんか?

 

写真・記事の無断掲載・転載を禁止します。

Sentence/All photos:花田昇崇

Copyright © 2015-2016 五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタ All Rights Reserved.

 

Sponsored Link

  • Pocket
  • LINEで送る

バラに包まれる暮らしの提案。『五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタ』でバラ体験

数千年の昔から我々を魅了し続けてきたバラは限りない魅力に包まれています。

見てよし、香ってよし、身に纏ってよし。そしてもちろんプレゼントの定番といえばバラ。

バラの楽しみ方はひとつではなく、使い方・楽しみ方はあなた次第です。

当店は“バラを視覚、味覚などの五感で楽しむ”ことをテーマにバラにまつわるアイテムを“厳選して”取り扱っているECショップです。

  • バラを実際に育ててみたい。
  • 手芸素材のバラを探している。
  • 食用バラ(エディブルローズ)に興味がある。
  • お洒落なバラ雑貨を探したい。
  • バラ柄のアイテムを探したい。

etc...

バラ好きのあなたにお届けするバラに包まれた暮らし、「五感で楽しむバラ体験」提案しています。

バラのことなら『五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタ』まで。

お気軽にご訪問ください。

 

 


バラ体験 五感で楽しむ薔薇の専門店 ローズフェスタ ページに移動する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*