バラ栽培|入門編

[保存版]500mlペットボトルで超簡単にバラの消毒を行う方法

花田昇崇が考案した超簡単にバラの消毒を行うための調剤と消毒を行うための方法を解説する記事「500mlペットボトルで超簡単にバラの消毒を行う方法」のタイトル画像として制作した写真。水をはった500mlペットボトル内にスポイトで薬品を加えようとしている瞬間を撮影したもの。

バラの消毒はなるべく簡単に済ませたいですよね。噴霧器を使えば散布自体は手早く効率的に行えるものの、使用後の手入れ・メンテナンスや薬液の後始末などの手間を考慮すると、栽培本数が少なければ噴霧器は少し億劫に感じるかもしれません。

かといって、現に病害虫の被害を受けているバラを横目に何もしなければその悲鳴を見て見ぬふりすることになってしまいます。苦しんでいるバラはなるべく助けてあげたいものですね。

そこで、本稿では、あなたの消毒にかかるわずらわしさを減らしてもっと気軽に消毒できるように、身近なペットボトルを使ってわずか6ステップで消毒薬の調剤から散布までを行う方法を紹介します。本稿で紹介する方法を参考に、病害虫の被害からバラを守りましょう!

続きを読む

油性ペンでタグ・ネームプレート類を書くのがNGのワケ

プラスチック製のフラワー用のタグ・ネームプレート類は油性ペンで書くのがNGです。この写真はこのことをあらわした写真です。

バラを植えるとタグやネームプレートに品種名などを書いておく方が多いと思います。これらタグ類はおもにプラスチック素材であるため油性ペンに馴染みやい一方で、鉛筆では少し書きづらいですよね。

けれど、屋外において紫外線や風雨にさらされるプラスチック製のタグ類を油性ペンで書くのはおススメできません。鉛筆で書くようにしましょう

本稿は、プラスチック製のタグ類を油性ペンで書く不都合と鉛筆をおススメする理由を紹介しています。

続きを読む

栽培道具は100円ショップで揃えたい。でもバラには適さない品も?

100円ショップのSeria(せりあ)で見つけた栽培道具。化成肥料や油かす、花の土などの袋入りの製品を目いっぱい並べた写真。五感で楽しむバラの専門店ローズフェスタにて、花田昇崇が作成。

バラ栽培には土や鉢にスコップ、革手袋などたくさんの園芸グッズが必要ですよね。けれどこれらのすべてを園芸店やホームセンターで買うとなかなかにお値段が張ります。

そこで、これらの栽培道具はなるべく100円ショップで揃えていくのがオススメですただし、そうは言ってもバラの用途では控えたほうがよさそうな品もありそうです

本稿はオシャレな雑貨を数多く取り扱っているSeria(セリア)さんの園芸資材を例に、どのようなアイテムが置いてあるか、そしてそれらのうちバラ栽培の用途に限っては避けたほうがよさそうなものについて紹介しています。

続きを読む

水はけが悪い土壌は高植えで克服!手間暇を最小限にとどめるその手順

「水はけが悪い土壌のバラ栽培|排水不良地は高植えで良く育つ」記事用のタイトル画像

もしあなたのお住まいの地盤が粘土質土壌などで排水に問題がありそうな土地であればバラを株元まで地中に埋めるのはちょっと待ってください。

生育不良になったり、最悪の場合には根腐れを起こして枯れてしまうかもしれません。

このような水はけが悪い土壌は高植えをすることで随分と状況が改善します。排水不良地でバラを植えるなら高植えをしておくのが安心です

本稿では高植えの長所・短所、その手順などとともに私が普段行っている手間を省いた方法も併せて紹介しています。

続きを読む

鉢植えとは違う、地植えの水やりの水量と年間の頻度

大型の鉢に植えたバラに水を与えている様子

日々の水やりは基本的には鉢植えに対して行うもので、地植えには原則として行いません。ただし地植えについても行う場合があります。

行う場合があるとは、地植えの水やりは常に行うわけではなく、必要なときに行う、という意味です。

本稿ではこの「必要なとき」について説明します。鉢植えとは違う、地植えの水やりの水量・年間の頻度について説明しています。

続きを読む

シュラブ(S)ってなに?|樹形の特徴|シュラブ樹形がわかりづらい原因と多様な個性が集まる理由

イングリッシュローズ「グラハム・トーマス」(シュラブ樹形)がフェンス一面に花をつけている写真。シュラブであっても枝を伸ばす品種はクライミングローズと変わらない用途で使える。

バラの品種を眺めていると、最も多く目にする樹形は「シュラブ」かもしれません

ブッシュ?シュラブ?クライミング?フロリバンダ?・・・何がなんでしょう?

そんなあなたにお届けするのが本稿です。「シュラブってどんなのだろう?」と疑問をお持ちのあなたのためのシュラブ樹形の説明です。学術的な考察を交えつつ案内しています。

続きを読む

フロリバンダ(F)ってなに?|樹形の特徴|枝の先端がブーケのように咲く品種の楽しみ方

世界中で愛されるフロリバンダローズの銘花「アイス・バーグ」(別名、シュネーヴィッツェン)が複数写っている拡大写真。白く純白の花姿がとにかく美しい。

バラの本などの品種紹介の記事にしばしば登場する「フロリバンダ(ローズ)」という言葉。

ハイブリッドティー?シュラブ?フロリバンダ・・・。バラの分類は多くあり過ぎて混乱してしまう。。。

そんなあなたにお届けする内容が本稿です。「フロリバンダってどんなのだろう?」と疑問をお持ちのあなたにシンプルに説明しています。

続きを読む

ハイブリッド・ティー(HT)ってなに?|樹形の特徴|モダンローズの誕生にまつわる歴史

ハイブリッドティーの歴史を語る上で外せない品種。第1号「ラ・フランス」の開花写真。五感で楽しむ薔薇の専門店の花田昇崇が撮影。

バラの本や本稿をご覧になると幾度もでてくる「ハイブリッドティー」という言葉。

わかるようでわかりづらいし、時間が経てば忘れてしまう。だってバラの分類って多すぎるから。。。

本稿は「結局ハイブリッドティーって何だろう?」とお思いのあなたにお届けする内容です。「ハイブリッドティーとはどのようなものなのか」についてわかりやすく説明しています。

続きを読む

花びらと花のかたちで見る「花の表記」の読み歩き

「剣弁」と分類されるバラの花びらの縁の先端を写した写真。品種はハイブリッドティー「パパメイアン」。ローズフェスタ所有のハウス内にて、花田昇崇が撮影。

「このバラは剣弁高芯咲きでとても美しいですよ。」

波状弁で波打つシャクヤク咲きですがいかがですか?」

・・・などと、バラの世界にはじめて足を踏み入れようとすると、途端にこのような専門用語が飛びかう異界に放り出されます。

・・・はて?どこの世界の言葉ですか?日本語でお願いします。

と思われた方は本稿をご覧ください。

本稿は、はじめてバラを選ぼうとする初心者を惑わせる原因のひとつ、花の表記」について扱います。花びらの数花びらのかたち」、「花のかたち」について写真を交えて紹介します

本稿をご覧になることで「いえ、私はロゼット咲きで。」とスマートにお答えいただけるようになります。花の表記でお困りの際には辞書的に適宜参照ください。

続きを読む

初心者必見!4基準から導くおススメの『シュラブ』ローズ10選

ラージフラワードクライマー(LCI)品種の「ナエマ」(Delbard,G.,フランス)の開花写真。サーモン色を含む淡桃色のカップ咲きの品種。強いフルーツの香りが魅力。長崎ハウステンボスにて、花田昇崇が撮影。

本稿は バラ初心者の品種の選び方。あなたに最適なバラを探す4基準 で案内した基準を前提に、数多くある『シュラブ(半つる性)』ローズのなかから10品種紹介をしています初心者の方でも簡単に育てられる総合的に強い品種です。

今回扱う品種は3つに分類される樹形のうち「シュラブ樹形(=半つる性)」に属するもので、4基準をもとに選んだ私花田がおススメするバラです。現時点におけるこれまでの私の総合的な経験に基づく独断と偏見での選別となりますが、初心者の方のバラ選びに有益な一助となるものと確信しています。

バラ栽培にはじめて挑むシュラブローズ最初の1株は紹介するなかから選べば間違いないはずです。強いシュラブをお探しのあなたは是非ご覧ください。

続きを読む