バラ 品種紹介

とろけるほどに甘いダマスク・クラシックのバラ[芳純]の栽培実感

五感で楽しむ薔薇の広場の記事「とろけるほどに甘いダマスク・クラシックのバラ[芳純]の栽培実感」のアイキャッチ画像。バラ「芳純」が満開を迎えて咲き誇っている写真。

最初のハイブリッドティー品種「ラ・フランス」からはじまるモダンローズ(現代バラ)の香りは、大きく分けて〝ゴージャスなダマスク系”と〝紅茶のようにさわやかなティー系”との2系統の香りの組み合わせから成っています。このうちダマスク系の香りは、いわゆる〝バラらしい”と感じさせる香りで、豊潤でとろけるような甘さを特徴としています。

ダマスク系の香りを軸に、これにわずかにさわやかなティーの香りが乗っているバラの香り成分は「ダマスク・クラシック」と呼ばれています。これから紹介する「芳純(ほうじゅん)」はこのダマスク・クラシックの香りを強く放つ芳香品種として大変名高いバラです。

本稿は、華やかで甘く誘惑的な香りを放つ類まれなる香りのバラ「芳純」の栽培実感です。

続きを読む

花嫁を連想させたバラ[ブライダルピンク]の栽培実感

フロリバンダのバラ「ブライダル・ピンク」の開花写真。五感で楽しむ薔薇の専門店ローズフェスタ所有のバラ園内にて撮影。

ブライダルピンク」という名は、その瑞々しく初々しい印象を受ける花色が「花嫁」を連想させることから名付けられたと聞きます。

白ベースの花の中心付近が薄いピンク色に染まる可憐な品種で、枝が細く株もコンパクトに小さくまとまるため、総じて柔和な印象を受けるバラです。一方で、育てやすさについては少し手がかかる部類の品種と言えそうです。

本稿は、花嫁をイメージさせる花色から名付けられた可憐で柔和なバラ「ブライダルピンク」の栽培実感です。

続きを読む

苦みと甘みが溶け込む花色まろやかなバラ[カフェラテ]の栽培実感

シックな花色とクラシカルは花色が人気のバラ「カフェ・ラテ」(木立ち性ハイブリッドティー)が2輪写っている画像。

18世紀のイタリアで誕生したカフェラテは、濃厚でコクのあるエスプレッソに甘いミルクを加えることでマイルドに仕上げられた飲み物です。エスプレッソの苦みをミルクの甘みが包んでいることでとても飲みやすい人気のドリンクですが、これと同名のバラがあります。

バラ「カフェラテ」は、エスプレッソとミルクが混和したその色味を彷彿とさせる花色そのままに、ほろ苦さと甘さを感じさせるミルラ(没薬)の香りが添えられている大変魅力的な品種です。

本稿は名前に違わぬ花色まろやかなバラ、「カフェラテ」の栽培実感です。

続きを読む

夢と魔法の世界に咲いたバラ。[ディズニーランドローズ]の栽培実感

バラ「ディズニーランドローズ」(フロリバンダ樹形)が5輪満開を迎えている画像。五感で楽しむ薔薇の専門店ローズフェスタにて、花田昇崇が撮影

老若男女を問わず世界中で大人気のディズニーランドの名を与えられたバラがあります。その名もずばりの「ディズニーランドローズ」。

あのディズニーランドの名を与えられ、そして夢と魔法の国で咲きほこることを許されたこのバラがもつ魅力とは?育てやすさはどうか?

本稿は夢と魔法の世界に咲いたバラ、ディズニーランドローズの栽培実感を紹介しています。

続きを読む

美と幸せをとどけるピンクのバラの紹介|400種類以上から選んだお勧め品種

当サイトでおススメのピンクのバラを紹介する記事で登場した4つのピンク系のバラの写真を4つ並べて加工した写真。五感で楽しむ薔薇の専門店ローズフェスタにて作成。

柔らかく優しい印象のあるピンクはバラの花色のなかでもひときわ女性的な花色ではないでしょうか。

たおやかな花色のピンク色には安らぎを感じさせるリラックス効果があり、幸せな気持ちを呼びこむ色とも言われています。幸せ気分は女性ホルモンの分泌も促します。ピンクは女性らしさを助け、そして幸せを運ぶ色でもあります。

本稿では女性に美と幸せをとどける魔法の花色、ピンク系統のバラを紹介します。

続きを読む

甘く爽やかな香りと強い耐病性。[レディエマハミルトン](ER)の栽培実感

透き通るようなオレンジ色がまぶしいイングリッシュローズ「レディ・エマ・ハミルトン」。超美麗な開花写真。撮影者:五感で楽しむ薔薇の専門店ローズフェスタby花田昇崇。2016.5.20.撮影。

「イングリッシュローズを育ててみたい」とお考えのあなたへ。

  • イングリッシュローズがいい
  • 初心者でも育てられる品種がいい
  • スペースをとらない品種がいい
  • 強い香りがいい
  • オレンジ系(の色)がいい

もしあなたにこのような要望があれば、そんなあなたにぴったりの品種がイングリッシュローズの「レディ・エマ・ハミルトン」です。

最もおススメするイングリッシュローズの筆頭品種であり、芳香と耐病性がともに同シリーズ最強クラスの育てやすい優秀な品種です。(※2016年現時点。)

本稿はイングリッシュローズ「レディ・エマ・ハミルトン」の栽培実感です。

続きを読む

冷静と情熱から生まれる神秘の色。紫のバラの紹介|50種類以上から選んだお勧め品種

五感で楽しむ薔薇の広場のために加工した紫系統のバラが4種類写っている写真。五感で楽しむ薔薇の専門店ローズフェスタにて、花田昇崇が制作した写真。

は、情熱をあらわす赤色と冷静をあらわす青色が混じりあうことで生まれます。どことなく神秘的な雰囲気を帯びる紫色は、古くから王侯・貴族が身にまとう高貴な色合いとして見なされてきました。

紫はまた、我々に備わる五感のうち“触れること(=触覚)”と最も関係の深い色合いともいわれています。ミステリアスさを感じさせる色合いが神秘の癒し・ヒーリングなどの超常的な“なにか”をのぞむ人々の願いに触れるからなのかもしれません。

本稿では冷静と情熱の色が混じりあうことで生まれる神秘の色、紫系統のバラを紹介します。

続きを読む

あなたと咲かせる絆の花。オレンジのバラの紹介|100種類以上から選んだお勧め品種

当サイトでおススメのオレンジ色のバラを紹介する記事で登場した4つのオレンジ系のバラの写真を4つ並べて加工した写真。五感で楽しむ薔薇の専門店ローズフェスタにて作成。

オレンジ色のバラの特徴は暖色のなかに垣間見る芯の強さにあり、この花ことばの代表的なものが「絆」です。

絆は一日にして成ることはなく、相互の思いやりが積み重なることで徐々に昇華される特別な関係性を絆と呼べるのだと思いますが、この格別の意味合いの花ことばを宿しているのがオレンジ色のバラです。

本稿では「絆」の花色、オレンジのバラの品種を紹介します。

続きを読む

交錯する愛と憎しみの色。黄色いバラの紹介|100種類以上の黄色系統から選んだお勧め品種

当サイトでおススメの黄色のバラを紹介する記事で登場した4つの黄色系のバラの写真を4つ並べて加工した写真。五感で楽しむ薔薇の専門店ローズフェスタにて作成。

黄色のバラにはいくつかの花ことばがありますが、それは大きく相反する2つのグループに分けられます。

「友情」や「献身」、「あなたに恋をします」などその明るい花色にふさわしい前向きな言葉が並ぶかと思いきや、一転して「ジェラシー」や「愛が揺らぐ」などの正反対の負の言葉をも併せもっています。

これら矛盾する花言葉が意味するところをひとことであらわせば「愛憎」・「同居する相反した感情」などとなりましょうか。より踏み込んで言えば「愛と憎しみは紙一重」や「交錯する愛と憎しみ」などと表現してもよいかもしれません。

本稿はそんな愛と憎しみが交錯する色の花、黄バラ品種を紹介します。黄バラの本当の意味とは何なのか?まばゆく輝くその顔色の表と裏を感じとる旅に出かけましょう。

続きを読む

おススメの白いバラ|200種類以上から選ぶ品種の紹介

当サイトでおススメの白いバラを紹介する記事で登場した4つの白色系のバラの写真を4つ並べた写真。五感で楽しむ薔薇の専門店ローズフェスタにて作成。

白いバラを育ててみたい。」とお考えのあなたへ。

本稿は、第1に色(カラー)に着目した品種の紹介です育てやすさ(≒耐病性)や人気も加味して選んだおススメしたい白色系統のバラです

バラの中でも白色のバラが特別人気なのは、何色にも染まらない清廉さや清楚さを感じる色合いがもたらす上品さに誰もが心惹かれるからなのかも知れません。

これから紹介するなかに、あなたにピッタリの白バラがきっとあるはずです。

続きを読む